オートバイの胸部プロテクターを購入~KOMINE「SK-688」

2022/9/6 Tue

時代は変わった.

Kazchariがオートバイ免許を取得して「HONDA VT250F」(二代目)を購入したのは,かれこれ36年ほど前になる.
大学に入学したばかりで,何しろヒマだった.

高校三年間は陸上部(中距離)所属のガチ勢.
その反動なのか,大学では「模型研究会」というヲタク系サークル(第二次ガンプラブーム?)に所属し,放課後は新聞社でのバイトに明け暮れていた.

肝心の大学での勉強だが...ほとんど興味を持てなかった(ありがちですね).
結果,週休5日.
試験前に少しだけ勉強すれば単位はもらえた.
講義ノートも校門前の文房具屋に普通に売られていたしな.

そんな生活の中,とある先輩の「オートバイはいいぞぉ」という一言で,俄然興味が湧いた.
余談だが,この先輩は『究極超人あ~る』の鳥坂先輩にクリソツだった.

究極超人あ~る(1)

で,バイト代+親に借金して買った「VT250F」.
琵琶湖一周など乗り回してたが,半年ほどで通学中に事故って廃車.
アホやな.

問題はその時の負傷.
国道を横断しようとした自転車を避けようとして,ガードレールに激突したのだが,幸い骨折はなく,左小指の突き指と左脛の擦過傷で済んだ.

「HONDA NX125」に乗り換えたその数年後には,マンホールで滑って転倒.この時は左膝を割ってしまった(膝パッドなしのジーパンだった)

大きな事故はこの2つかな.
いや,すり抜け中にクルマのドアが突然開き,そこに突っ込んだ...ってのもあったか(無傷).

いずれにせよ,今現在もなんとか生きている.
たまたま運が良かったに過ぎないと思うけど.

そしてモンキーに乗っている.

さて,ここで言及したいのはバイク乗車時のウェア.
ヘルメット,グローブ,まぁブーツは標準装備としてジャケットが問題.
それこそオートバイに乗り始めた頃は「革ツナギ/革ジャン」or「ペラペラのジャケット」の2択ぐらいしかなかった.

前者はまだ良い.
少なくとも擦過傷は避けられる.
後者はコケたらボロボロに破れて皮膚も防御できない.
それにプロテクタの類も備わっていないため,骨折のリスクも相当高い.

そこで,30歳になるかならないかの頃に買ったのがこいつ.

iPhone11 Pro
iPhone11 Pro

”俺たちのKomine”ブランド「MOTOFANGO」の3シーズンジャケットである.
さすがに20年以上前の一品である.色褪せてるし,何よりデザインが...ダサ...いや古臭い.
機能的には全く問題ないし,使える間は使うつもり.

ちなみに昨年買った同じKomineのメッシュジャケットはこれ.

コミネ(KOMINE) バイク用 プロテクトメッシュパーカ-テン Navy Marble M JK-114 1096 春夏秋向け プロテクター CE規格レベル2 メッシュ素材

”俺たちのKomine”とは思えない良いデザイン.
それはともかく最大の違いはプロテクターの充実度.

前者は肘パッドしかついていない.
メッシュの方は肘だけではなく,胸部および背部にもプロテクタ付き!
実際,ライダーの事故時の死因として,その50%以上が胸腹部の損傷らしい.

バイク事故 死因の53.5%は胸腹部……命を守る「胸部プロテクター」の選び方

安全への意識・配慮がものすごく高まっている.
その昔は,こんなことは一切言われてなかったのにな.
つーことで,プロテクターなしの古いジャケットをアップデートすべく,以下の商品を購入した.

コミネ(KOMINE) バイク用 スプリームボディプロテクター M SK-688 866

iPhone11 Pro
iPhone11 Pro

まるでマーベル・ヒーロー.
先日のAmazonセールにて¥3,872で購入.
胸囲90cmのKazchariでサイズはMを選択.
早速,Tシャツの上に着用.

iPhone11 Pro

窮屈さは感じない.
もちろんこの下に,セーターなどを着こむ余裕もある.

ちなみに着脱は...

iPhone11 Pro

脇のベルトをスライドさせて外し,上からかぶる感じ.
頻繁に行うと基部が摩耗しそう.

この上からジャケットを着てみる.

iPhone11 Pro プロテクター着用

まぁ,やっぱり下に何かを付けているのはわかるわな.
窮屈さはないけど.

プロテクターなしだと...

iPhone11 Pro プロテクターなし

こんな風.
ご覧のように外見の変化はそれほどない.
まだこの装備を付けたまま走りに行ったことはないが,特に問題なさそう.

もちろん,パンツにも”ちゃんとした”膝パッドを入れてます.

コミネ(KOMINE) バイク用 膝プロテクター マトリックスEK SK-644 570 プロテクター CE規格

北海道の夏は短い.
既にメッシュジャケットでは寒さを感じる.

高地では紅葉シーズンがそろそろ始まる.
今回購入したプロテクターのおかげで,年季の入ったジャケットの寿命が伸びた.

これからも安全に,かつ長くオートバイ・ライフを楽しんでいきたい.

Audax Japan RM812 Okhotsk 1300km Hokkaido(その5:浦河~当別太美ゴール)

2022/8/25 Thu

はじまりの地へ.

iPhone11 Pro

朝4時起床.
相変わらず足の調子は良い.

ここ数日,肩にはロキソニン湿布を貼ってから寝ている.

【第2類医薬品】ロキソニンEXテープ 14枚

これも効果的だったようだ.
普段の生活より肩が軽い(気のせい?).
ただ服用にしろ,湿布にしろロキソニンは劇薬(つい最近まで処方箋が必要).
頻繁に使うわけにはいかない.

5時には全ての準備を終え,最後のステージへ.

iPhone11 Pro  8/25 4:13
iPhone11 Pro  8/25 4:17

夜が明けきれぬ薄明かりの中,しばらく進むと前方に,別のホテルに泊まってたAさん,Bさんの姿が.

先行者を見かけるとペースが上がる.
二人に一声かけて前へ.

ちょっとした坂を登り,振り向くととんでもない光景.

iPhone11 Pro  8/25 4:39

撮影後に走り出し,しばらくすると半袖半パンのガチチャリダーに抜かれる.
ブルベライダーではない.
こんな早朝から練習?
どこから現れた?

思い出の地,三石.
道の駅の手前に朽ち果てたライダーハウス(元バス停)がある.

iPhone11 Pro  8/25 4:47

1989年の画像はこちら.

Konica 現場監督 1989年8月撮影
Konica 現場監督 1989年8月撮影

ここに泊まったのは1989年.
まさか33年も経ってから自転車で訪れることがあろうとは...人生とは不思議なものだ.

隣接するドライブインも廃墟化している.
忘れもしない.
ここに泊まった際,8時頃,食事をしようと入店したが,もう今日は閉めるからと追い出されたことを...あの夜は空腹が辛かった.

ここからはやや下り基調.
そろそろ補給の時間.
まだ6時前のため,みんな大好きセイコマはまだ閉まっている.

セブンイレブンを見つけピットイン.
24時間営業のありがたさ.

iPhone11 Pro  8/25 5:19

コーヒーとおにぎりで補給していると,Aさんもピットイン.
前日遅れていた連れのBさん,昨夜は23時にホテルに着いたらしい.
Aさんによると,今回のブルベでBさんは毎晩3時間ほどしか眠ってないらしく,それでも平気なそうな.スゲー.
そんな睡眠時間では,Kazchariには耐えられそうにない.

今回,初の4桁ブルベを走るにあたり,様々な懸念事項があった.
睡眠時間の確保もその一つ.
先人のブログを読むとホンマに寝てない.

Kazchariの経験上,「600」ではさすがに3時間ほど仮眠した.
しかし,2本走った「400」は朝出発,昼出発とも不眠.
意識明瞭とは言わないが,マイクロスリープと言い切れる状態にもなったことがない.
むしろ,普段の仕事中の方が居眠り...おっと.これは秘密だ.

今回の「1300」,ここまでは睡眠時間を毎日5,6時間確保できている.
これは日常生活とほぼ同じ.
身体・精神とも好調なのは,生活リズムの乱れがないことが大きいと思われる.
と,言いつつ,本日のゴール後にぶっ倒れたり,歩けなくなったりして.

さて,襟裳岬からの北上ルート,つまり西海岸は大きめの町が多い.
たとえば静内.

iPhone11 Pro 8/25 6:16

有名チェーン店が立ち並ぶ,ある意味北海道らしい風景である.

当然通行量も増える.
そして道路状況も良くない.
なかなか快走とはいかない.

やがて,道の駅「むかわ四季の館」に到着.

iPhone11 Pro 8/25 8:29

ここから左折し,内陸に入るかと思うとやや安心.
釧路から続いた海岸線ライドがようやく終了する.
追い風,向かい風,横風と各方向からの風があったが,どれもさほど激しいものではなく,淡々と距離を刻めた気がする.

「むかわ四季の館」には温泉があるが,もちろん入っているヒマなどはない.

そして,ついに残り100kmを切った.
ここまで来ると凱旋気分.あとは当別太美のゴールを目指すだけ.

ただ気になることが一点.
ちょうどブルベ仲間のOさんが「シャーマーズネック」になったのがこのあたり.
頸が上がらない⇒前を向けない,というロードバイク乗りにとって致命的なアクシデント.
SNSを最大限に利用し,様々な工夫で乗り越えられたが,ここからゴールまで,よく走れたもんだとリスペクト.

かく言うKazchariは現状,ほぼ問題なし.
シャーマーズの兆候は見られない.
念のためサドルバッグには頸と肩のサポーターを入れておいたが,ありがたいことに出番はなさそうだ.

ネックサポーター

姿勢サポーター

頸はともかく,暑い.
30℃近いのではないか?

道道10号を通って久々の田舎道.
GPS(GARMIN etrex)を見ると,以前走ったブルベのPC表示が出てきた.
全く記憶がない.いつのブルベだっけ?

それはローソン遠浅店だった.
建物を見ても思い出せない.
ヤバイ.視覚性記憶も衰えてきたか.

そんなことはさておき,あまりの暑さに割引キャンペーン中だったマチカフェの「メガアイスカフェラテ」を購入.
店員の若い女性がアニメのようなグレイヘアとメイクだったので少々驚く.
プロのレイヤーさんかな?

iPhone11 Pro 8/25 9:49

さて,このカフェラテ,暑さのあまり一気飲みしたのは良いけど,余った氷の捨て場に困る.
店員さん,快く引き取ってくれた.
やはり,今回,良いヒトにばかり会う.

さぁ,出発と幹線道路を進むと,etrexの表示上,正規ルートからどんどん離れてしまう.
ミスコースだ.
どうやらローソン横の細い路地,踏切を通るのが正解.
ここ行きますかぁ? やはりブルベ=他人がひいたコースは意外性があって面白い.

安平町かな?
ノーザンホースパーク(競走馬放牧場?)脇の斜面に乗用車が落ちていた.

iPhone11 Pro  8/25 10:16

既に運転手はいなかったが.どこをどうすればこんな直線道路で脱輪するのだろう?

次に千歳市に入る.
自衛隊車両を見かけることが多くなってきた.

iPhone11 Pro  8/25 10:39

何か馴染みのある風景やなぁ...って,千歳は先日にも来たばかりやった.

ファットなグラベルミーティングライド

ゴールは札幌ではなく,その周辺市町村を通過していくルートなのだが,それでも交通量は多い.
あまり悪口を言っても仕方がないのだが,北広島市,てめーはダメだ.

何しろ路肩のスペースがほとんどない.
さらには,荷物搬送中とは言え,トラックの路駐が多い.
走りにくいこと,この上なかった.
おまけに休憩で止まったセブンにもゴミ箱なし.
チャリには厳しすぎる.

江別に入ると,そういった走り難さは解消.
やや追い風基調となり,このブルベ,最後の走行.
アオ看板に当別の表記on!

iPhone11 Pro 8/25 12:13

国道脇の小路を進んだりしていたが,ついに「万葉の湯ふとみ銘泉」を視界に捉える.
サ活! サ活! サ活!

iPhone11 Pro 8/25 13:07

踏切を越えると,ゴールのセブンイレブンまではほんのわずか.
そして...ゴール!

ようやくスイッチoffにした「GARMIN Edge 1040」は走行距離「1317km」となっていた.
余分な8kmはどこで?

GARMIN(ガーミン)Edge 1040 ソーラー充電対応モデル(Solar)

おお大事なことを忘れていた.
ゴール証明のレシートをGetせねば.
ここに来る途中も,最後に何を購入しようかといろいろ思案したが,やはりこれやね.

iPhone11 Pro 8/25 13:15

神に捧げる神の飲み物赤コーラ!
こいつをチビチビやりながら,この5日間を振り返る.

レシートの刻印時刻は13:13.

Kazchariの解釈ミスで,スタートタイムが8/21の5時⇒4時扱いになったため,最終的な制限時間は17:05.よって約4時間のマージンか.まずまずやな.

当然ブルベなのでどれだけ走ろうが賞金,賞品の類はない.
いつも通り,認定メダルを買う権利がもらえるだけ.
まさに究極の自己満.

これでいいのだ.
トロフィーは赤コーラで十分.

腹が減った.
サ活の前にメシ食うか.
つーことで,第二景品は近くの「ラーメンなかむら」でホルモン麺.美味し.

iPhone11 Pro 8/25 13:40
iPhone11 Pro 8/25 13:56

第三景品は,帰ってきた「万葉の湯 ふとみ銘泉」でサ活と,リラクッスルームにて昼寝の権利.

そして第四景品は...15分¥300の無重力高級マッサージ機!

iPhone11 Pro 8/25 18:07

こうしたささやかな景品で自分を癒す.
このまま泊まってしまおうかと思ったが,やはり自宅の布団が恋しくなり,旭川まで戻ることにした.

これまたスゴい偶然なのだが,「万葉の湯」のエレベーター前でAさん,Bさんと再会.
無事,制限時間内にゴールできたそうな.
互いに健闘を称えあう.
またいつかどこかのブルベで!

高速は使わず下道で.
完全ブルベ腹のKazchari,旭川に着くころ,またしても腹が減る.
「スシロー」で”うに軍艦”でもたらふく食うか!(最後の景品)

つーことで,無事「Audax Japan RM812 Okhotsk 1300km Hokkaido」完走.
帰宅後,オンラインでゴール手続きを済ませ,後はメダル待ち.
STRAVAにデータをアップして,走破ルートを見ながらニヤニヤしてしまう.

ロードバイクという,とんでもなく素晴らしい乗り物に出会えたこと,それに運営のAJ-Hokkaidoさんに感謝.

翌日からは,他の人の「1300」のブログを検索し,読みまくっている.
昨年,今年verとも,内容に共感することしきり.
同時に,Kazchariの「1300」がいかに天候に恵まれていたのかを実感する.
今回ばかりはチャリの神様に愛されたなぁ...

そして...「2700」の記事を検索しているKazchariの姿があった.

iPhone11 Pro

総走行距離:1317km/1309km(完走)

Audax Japan RM812 Okhotsk 1300km Hokkaido(その4:釧路~浦河)

2022/8/24 Wed

吹けよ,飛べよ,叫べ

iPhone11 Pro 8/24 16:26

4時起床.
なぜだか「GARMIN Edge 1040」が夜間突然「ピコッ」となるおかげで,夜間に数回起こされてしまう.
チャリを動かしていないにも関わらず,チャリのスピード・ケイデンスセンサーを常に拾いにいく.理由不明.

ピコ音が聞こえないよう,浴室に放り込んで,再度就寝.
ちゃんと説明書読んで,設定せんといかんなぁ.

起床後,カーテンを開けると見事に快晴!
普段はロンドン並みにガスってる釧路ですよ.これを奇跡と呼ばずしてなんと呼ぶ!(偏見)

そうなのだ.
めちゃめちゃ幸運に恵まれたこのブルベ.天気に関しての懸念は昨日のみだった.それすらクリア.
今日を含めた残りの2日間は快晴予報.ツキ過ぎてて反動が怖い.

そそくさとパッキング.
今日からはドロップバッグに入れていた新しいジャージを着用.
気分一新で後半戦に臨む.

5時半になったので1階のレストランへ.
ビュッフェ方式の朝食である.

iPhone11 Pro 8/24 5:34

最近噂に訊く超豪華な(いくら食べ放題など)朝食ビュッフェには及ばないが,十分美味い.
時間的制約がなければ,もっとゆっくり,もっとガッツリいきたいところだが,なんだかんだで本日も200km越えのライドが待っているのだ.やや控えめにした.

6時チェックアウト.

半袖ジャージ+アームカバー.
日焼けによる疲労を考慮してのことだが,通常の日帰りライドだったらカバーはしない.
そんな上々なサイクリング日和.

iPhone11 Pro  8/24 6:10

まずは釧路の町中を,コース折り返しで進む.
やはり夜と朝では雰囲気違うな.

iPhone11 Pro  8/24 6:13

分岐点まで来た.
ここから本ブルベ最南端,襟裳岬への長い長い旅が始まる.

国道38号.
物流の大動脈であり,実際交通量も多いのだが,肝心の路面状況はあまり良くない.
いや,車道はいいんですよ.
問題はチャリが走る路肩.
広くてキレイな時もあるが,ボコボコの時はホンマにボコボコで草ぼうぼう.
それらの回避のために右側に寄ると,すぐそばを高速のクルマ・トラックがスレスレに通る.

やはり海沿いの道は傷みやすいのだろうか?

実際,この後,襟裳を回って北上する道もたいがいだった.
北海道って,こんなに道悪かったっけ?
それとも,Kazchariが疲れてきているから気になるのだろうか...

とりあえず通過チェックでも何でもない道の駅「しらぬか恋問」で休憩.

iPhone11 Pro  8/24 7:11

海がキレイだ.

iPhone11 Pro  8/24 7:16

その後も海沿いを南下.
で,ある意味今回の最重要チェックポイント.
音別町のセイコマ着.
ここで補給および買い出しを忘れると,約100km先の広尾まで飢餓に苦しめられることになる.とりあえずバナナは外せない.

iPhone11 Pro  8/24 8:40

と,ここで久々にAさんと再会.
「連れの方は?」と聞くと,「ケツが割れた,と釧路のホテルで寝込んでいるので置いてきました」「まだ時間もあるし大丈夫でしょう」とのこと.二人旅だけど一人旅な感じ.ペースが合わないと疲れるしね.それがブルベ.

「STRAVAでフォローしてもいいですか?」と尋ねると,「やってない」とのこと.
珍しい.
その昔,ルート記録のため,クルマでサイコンを使っていた際,セグメントのKOMを次々に更新してしまったため,DMでクレームが大量に送られてきたそうな.そのせいで退会.うーむ.
他のSNSもやっておられなくて,結局Aさんの名前は最後まで不明のまま.

そうか.普通にメールか電話番号の交換で良かったんや.すっかり抜けてた.時代やね.

Aさん先行.数分後,Kazchariも出発.

さすが「1300」に出場するだけあってAさんもなかなかの豪脚.
この後,襟裳岬直前まで再会することはなかった.

海岸沿いは天気が良くて,これまた最高のサイクリング日和.
うん? 過酷なはずの4桁ブルベがこんなに快適でいいのか?(いいのだ)

iPhone11 Pro  8/24 9:30
iPhone11 Pro  8/24 9:36
iPhone11 Pro  8/24 9:36

海から山へ風景が変わる.
暑い.
噂通りの過酷なコース.
同じような風景が延々と続くアップダウン.
たまに見かける廃屋と自販機.

iPhone11 Pro  8/24 10:03

緑は豊かだが,まるで砂漠を横断しているかの様.
精神的にヤラれる.
途中2,3回停車して,ジェルやミニジャムパンで補給する.

iPhone11 Pro  8/24 10:24
iPhone11 Pro  8/24 10:27

十勝に入ると,過去のブルベで見知った風景やCPが表れる.
例えばこの橋もそう.

iPhone11 Pro  8/24 10:43
iPhone11 Pro  8/24 11:27

晩成温泉の入り口にて缶ジュース.
ここも先日の「トカプチ400」で見覚えがある.真っ暗やったけど.

iPhone11 Pro  8/24 12:06

そしてようやく人が住まう街,広尾着.

本日のクライマックスである襟裳岬攻略戦前に,ちゃんとした昼食をとることにする.

iPhone11 Pro  8/24 13:54

(ミニ)親子丼と味噌ラーメンで¥880のセット.
ボリューミィかつやさしい味でした.

さぁ出発.
最大の懸念事項,海岸沿いの風は...やや向かい風だが微風.
今日も幸運が続いている.

iPhone11 Pro  8/24 14:35

さて,ここからは国道336号.
開通工事に莫大な費用がかかったことからついた名前が「黄金道路」.
今でも,常にどこかで工事中.
トンネル化が進んでいる.
以前に比べ,道幅も広く走りやすくなった...気がする.

荒波の中サーファー達の姿を見かける.
海はいいよねー.冷たいのは勘弁やけど(リゾートダイバーの私見).

iPhone11 Pro  8/24 15:22

ここの自販機で休憩しているとAさんもやってきた.
広尾の町で抜いたのだろうか?

この先,やたらに長いトンネルがある.
道内最長,4941mの「えりも黄金トンネル」だ.

幸い交通量は少ないものの,ヘルメットに付けたリアライトも含め,赤色ライトをオール点灯.
どーか追突されませんように.

とうとう襟裳岬公園まで約14kmの道道34号線への分岐点到達.
後,少しである.

周囲に誰もいないことをよいことに,防風林通過時「襟裳岬キターッ!」と大声で叫んでしまった.

わずか2日前に宗谷岬にいたことを考えると感慨深い.
人力でここまで来れた.
そう日本は意外に狭いのだ.

到着.

iPhone11 Pro  8/24 16:36

確かに風はあるものの,襟裳岬にしては全然マシ.
GWに息子と来たときに,風の館周辺は入念に散策したので.ちゃっちゃと退散.

海!山!温泉!~小学生男子とアポイ岳(その3)

今日こそ,暗くなる前に宿に着きたい(無理だ).

吹きさらしの高原やら,トドメの激坂を越え,国道に合流.
えりも町のセイコマで一旦休憩して補給タイム.

iPhone11 Pro  8/24 17:37

食べ終わったので店内のゴミ箱に捨てようとするが,なんと久々にゴミ箱なしのセイコマだった.

ペットボトルとおにぎりの袋程度なので運べないこともなかったが,ダメ元で店員さんに「すいません.自転車なので,このゴミ引き取ってもらえませんか?」と頼む.

すると「ここで買ったものですよね? いいですよ」と快く引き取っていただけた.
おお,今回,天気だけでなく,ここでもヒトにも恵まれてるぞ!

宿泊地の浦河まで残り約40km.
夕暮れの海岸沿いを爆走する.
残念ながら今日もやっぱりナイトライドになってしまった.

iPhone11 Pro  8/24 18:01
iPhone11 Pro  8/24 18:09

西日がまぶしい.
JINSで買ったSwichというサングラス取り外し式のメガネを着用しているのだが,その肝心のサングラスを忘れた.

普段のKazchariはコンタクトユーザー.
200kmまでのライドでは,コンタクト+グラサンで走っているが,それ以上の距離(つまりブルベ)はメガネにしている.
今回の「1300」も,もちろんメガネ.
正直,メガネは楽.
長距離に見合わぬこの疲労のなさは,こいつのおかげかも.
「重い」「雨だと面倒」「曇りやすい」などのデメリットもあるけどな.
今では,バイザー付きのヘルメットも普及しているので助かる.

オージーケーカブト(OGK KABUTO) 自転車 ヘルメット AERO-R2TR トライアスロン マグネットバックル仕様

やがて左手に今年のGW,息子と行ったアポイ岳が見えてきた.
すると,記憶にあるこのあたりの道は...波が防波堤を越え,ところどころ道を濡らしている.
当然,塩水である.
やめてくれ.

そんな波に洗われる道路や,小さな漁村をクリアして,とうとう妙におしゃれな浦河のマチナカに到達.

今日のライドもようやく終わりだ.

予約している宿は地図上,中心街からやや離れたところにある.
いつも通り,ホテルの場所を確認した後,夕食ポイントを探す.

ちょうどホテルのすぐ裏手あたりが一大飲み屋街になっていた.
居酒屋ばかりで,普通の食堂はないのか...と探すと,,,ありました.

iPhone11 Pro  8/24 20:08

せっかくの海沿いなので海鮮モノと考えたが,やたら「山賊焼き」を推しているので注文.

iPhone11 Pro  8/24 19:46

何の料理かわからないまま頼んだが,骨付きの鶏もも肉を焼いた,ローストチキン風の料理だった.

味は悪くないが,量が...(以下,略)

例によって帰りはローソンにて,我が筋肉たちをねぎらうためプロテインを購入.

【ケース販売】明治 ザバス(SAVAS) ミルクプロテイン 脂肪 0 バニラ風味 200ml×24本入

引き返してホテルにチェックインする.

さて,本日のお宿ホテルイーストだが,事前情報ゼロ.
ブルベ民にはあまり使われていないのだろうか?

それにしてもフロントのおっちゃん,よくしゃべる.
これまでのルートやら,チャリの値段,背中につけた「おにやんま」にまで,ずーっと質問攻め.早く部屋に行かせてくれ.
とりあえず,チャリの部屋への持ち込みはOK.これだけで良ホテルだ.

ただし,残念なことに,このホテルには洗濯機がない.
すぐ目の前にコインランドリーがあるが,着ていく服がない.

結果,手洗いとする.

かつてKazchariはアジアを放浪するバックパッカーだった.
当時は妙に几帳面で,毎日洗濯をしていた.
その洗濯手法が,今蘇る!

1)コンビニ袋に洗濯物+水+洗剤を入れて,30分放置.
2)2,3分間手で撹拌した後,すすぎとして新しい水を入れ再度撹拌.これを3回繰り返す.
3)そして干す.

これだけ.

だが時代は進化した.
今回はコンビニ袋ではなく,ここまで運んできたこいつを使う.

iPhone11 Pro

まっ,方法は同じやけどな.
下部のバルブも使用せんかったし.

問題は乾燥である.
アジアの灼熱の大地では,日中外に30分も干しておけばパリパリに乾くのだが,日本っつーかこの状況では無理.

これまでは洗濯機による脱水までできたので,タオル吸水で翌朝には乾いていた.
仕方がない.
今夜はビブのパットや靴下の乾燥にはドライヤーを使わせてもらうか.エアコンも効いているし,なんとかなるでしょ.

iPhone11 Pro  8/24 20:30

つーことで,22時過ぎには就寝.
ホンマ4桁ブルベなのに,こんなにゆったりできて,これほどうれしいことはない.
正直,400の徹夜走行や,600の仮眠走行の方が辛いな.

明日はいよいよ最終日!

本日までの走行距離:1120km/1309km

Audax Japan RM812 Okhotsk 1300km Hokkaido(その3:紋別~釧路)

2022/8/23 Tue

魔の3日目.

iPhone11 Pro

夜更けの紋別セントラルホテル.
これまでは熟睡が続いていたが,夜中に何度か目が覚めてしまう.
さすがにストレスを感じているようだ.

なにせ釧路方面「暴風雨:確率70%」である.
頭の中にDNFの文字がちらつく.

「なんとか釧路までたどり着ければ,電車で札幌まで行って,そこから当別太美駅...」などのマイナス思考が駆け巡る.

そんなこんなで3時半に起床.
昨夜買っておいた惣菜パンと缶コーヒーをかっこみ,手早くパッキング.

カーテンを開け,外を見ると,ここ紋別に雨は降っていない.
路面も濡れていない.
これからかな?

ありがたいことに,このホテルの大浴場は一晩中入れる.
さすがにサ活する時間はないが,10分ほど温まれた.
ホンマ神ホテルだ.

今日も足の調子は悪くない.
予防措置としてテーピングはするけどな.

腸脛靭帯のためのテーピング

エレベーターで1階に降りる.
ホールにはAさん,Bさんのチャリが停めてあった.
同じルートとホテルなのに全然会わんな.

そやけど,こういう長距離ブルベを2人で走るってどうなんやろ?
向かい風ではローテが組めて楽?
あー,ワガママなKazchariにはそれ無理.
多少ペースが落ちてもボッチを選ぶ.

会計を済ませ,5時前に出発.

iPhone11 Pro  8/23 4:42

紋別の超有名オブジェと追えば...

iPhone11 Pro  8/23 4:52

【603.1km:通過チェック6 カニの爪オブジェ】8/23 4:52

オブジェの周囲にはクルマが数台.
釣客だろうか.

国道238号へ.
平日なので交通量が少ないことを期待したが,トラックが多く怖い怖い.

橋があれば側道に逃げる.

iPhone11 Pro  8/23 5:48

このあたりもコンビニが少ない.
いい加減に腹が減ってきた頃,自販機を発見.

iPhone11 Pro 8/23 6:20

左のレトロな自販機はゴミ箱.
右の白い建物は公衆トイレだった.
素晴らしい.無人コンビニやん.

サロマ湖を横目に,次のチェックポイント,能取岬を目指す.

その手前,卯原内の町中でいきなりハンドルがぶれだす.
路面のせいかと思ったが,見事に後輪がパンクしていた.
ブルベ初のパンクである.

iPhone11 Pro  8/23 9:17

「あーあ」とため息一つ.
チャリを歩道にのせ,リアタイヤを外す.

チューブを外して,タイヤの裏側をチェック.
極小,極細の針金を発見.こいつを拾ったか.
タイヤを構成している側のワイヤでなくて良かった(だったらアウト).

修理を終え,小型ポンプでシュコシュコやってると,どこからともなく「おーい,パンクかい?」という声が.
周囲を見ても誰もいない.
さらに「上だよ,上」という声が聞こえる.
写真のシャッターの建物の主が2階の窓から声をかけてくれていた.

ご親切に「ポンプあるよ.貸そうか?」と提案していただいたが,たぶん仏式バルブには使えないと思います.

結局パンクのおかげで20分ほどロス.

ここから能取岬はまだ距離がある.

iPhone11 Pro 8/23 10:13

アップダウンもあり,風も強くなってきた.
昔,クルマで来たなぁ.

iPhone11 Pro 8/23 10:25
iPhone11 Pro 8/23 10:26

【715.7km:通過チェック7 能取岬】8/23 10:26

長居は無用.
写真を撮ってさそくさと退散.
登り返しがキツイ.

やたらに細く荒れた道を抜け,網走の市街地に入る.
久々の都会.
道の駅「網走流氷街道」着.

iPhone11 Pro 8/23 10:59

まだ昼前だが腹が減った.

「確かここって食堂があったはず...」と2階へ.
名物らしい「海鮮ちゃんぽん」をオーダー.

iPhone11 Pro  8/23 11:23

味は悪くないが量が...って,あれ? 昨夜も同じこと言ってたような.
これは食べても食べても食べてもすぐに消化してしまう,ブルベチャリダーの宿命なのか?

食べながらSNSをチェック.
週末に行われる「北の国から400」のスレッドが立っていた.

そこに便乗して「現在,1300中」と報告.
「風があるので気をつけて」との励ましの返信をいただく.

そう,この「1300」ブルベもほぼ半分を消化.
ここからが正念場.
認識できない疲労が間違いなく身体に堆積しているはず.

食事を終え,外に出ると...なんと雨!
すっかり忘れていたが,今日は「暴風雨・確率70%」なのだ!

現状小雨だが,これから釧路まで降り続くんやろなぁ...と憂鬱になる.

「いいや,これもブルベの醍醐味.大自然の猛威を全身で受け止めるのだぁー」と覚悟を決める.

そそくさと買ったばかりのモンベルのレインウェア上下を着用.

U.L.サイクルレインジャケット

出発する.
さすが最新ウェア,軽いぜ! これならどんな雨でも楽勝...なわけあるかい!
レーパン膝下の素肌にペタっとまとわりつくレインパンツ.
アッパーはアッパーでムシムシして暑い.
じっとしてても汗をかく.

それでも我慢して2,3km進むが,あかん,これやったら濡れた方がマシを脱ぐことにした.幸い今は雨が止んでいる.

iPhone11 Pro  8/23 12:02

おー,キャストオフ,なんて気持ち良い!

爽快な気分でしばらく進むと,やがて路面も乾き,日差しも出てきた.なんじゃそりゃ? 網走だけのゲリラ豪雨やったんかい!

そして,本日,いや場合によっては本ブルベのボスキャラに立ち向かう時がきた.
藻琴山,小清水峠へのヒルクライムである.

その頂上にある「ハイランド小清水」.そこが通過チェックとなる.

実はこのあたりから頸から肩,背中(肩甲骨の間)に痛みが出てきた.
まだ頭を上げてはいられるものの,うわさの「シャーマーズネック」の足音が徐々に聞こえてきたかも.

対策としてポジションを頻繁に変えることにした.
必殺技として,TTバーのレスト部分を手でつかみ,肘を伸ばしたいわゆるママチャリ乗りを試す.うん,かなり楽.

本格的な登りの前に,まずは芝桜公園で休憩.
チャリダーにとってハイパーポーションたる赤コーラを充填.

iPhone11 Pro 8/23 13:31

再スタート.

結果...経験上,最も辛い坂とあった.
見知らぬ土地ということもあるが,ほぼ直登で6~7%が延々と続く.
視界が悪い.道も悪い.頸が痛い.
「ハイランド」へ右折してからのトドメの10%越え.

これはタヒ...

霧のせいでほぼ視界0の中,ようやく到着.

iPhone11 Pro  8/23 14:36

【770.7km:通過チェック8 ハイランド小清水】14:36

探した探した.
本来ヒトがいてはいけない領域のような雰囲気が漂う.

iPhone11 Pro 8/23 14:38

ちゃっちゃと下りよう.
本来,ご褒美のダウンヒルだが,これだけ視界の悪ければ罰ゲーム.
恐怖しか無い.
それほど寒くないのだけが救いか.

標高が下がると徐々に霧が晴れてきた.
屈斜路湖が美しい.

iPhone11 Pro  8/23 14:49

国道391号に合流.
追い風基調の中,弟子屈に生還.まさに生還.
セイコマを見つけピットイン.

すっかり忘れていたのが「暴風雨:確率70%」の件.
それが何と,ここまで来ても雨が降っていないのだ!
路面こそ濡れているが,雨も風も既に通り過ぎたようだ.

スマホの天気予報をチェックする.
これから向かう釧路方面の降水確率もどんどん減っていっている.
なんたる幸運!
まさか「暴風雨」の魔の手から逃れられるとは!

とは言え,釧路までまだ残り約80km.
補給を行う.

iPhone11 Pro  8/23 15:58

この「1300」の計画を立てる際,参加者が悩むのが,この3日目の宿泊ポイントだそうな.
弟子屈の宿に早めに入り,まったりとリカバリするのか?
それとも釧路まで走りきってしまうのか?

なぜなら,この先,弟子屈-鶴居-釧路を結ぶ道道はアップダウンの連続.
相当足を削られるらしい.

Kazchariの選択は後者.
後半戦に向け,残り距離をできるだけ短くしておきたい.
その方が気分的にも楽.

つーことで,魔の三日目,第二章に突入!

事前情報+まだ明るいせいか,思ったほどのダメージはない.
足も絶好調.
小清水峠登攀時に感じていた頸肩の痛みも今は消失している(気分の問題?).

覚悟を決めてスタート.
確かに丘陵コースだったが,それほどキツくなかった.
まだ明るかったことも影響しているのかも.

18時少し前,中間地点である鶴居村に到着.
セイコマもあったが,その隣りにある鶴居たんちょうプラザ つるぼーの家のソフトクリームが気になった.
JAFの割引が効いて¥300.美味し.

iPhone11 Pro  8/23 17:54

店員さんに「ここから自転車で釧路に行くんですけど,どれくらいかかりますか?」と尋ねる.
店員さん曰く「・・・自転車で行ったことはないのでわかりません」
そらそうだ.

すると店長さんらしい人が手助け.

「距離はそんなにないけど,湿原の中を走るからアップダウンが大変だよ」とのこと.

残り35kmなので,1時間半を目指していたが,難しいか?

暗くなってきたのでライト類をスイッチオン.
本日,最後の戦いだっ!

iPhone11 Pro 8/23 17:54

その道道53号.
時間的に釧路へ帰宅するクルマが多く,結構な交通量.
幸い路肩が広く,割りと安心して走れた.
時折登坂車線が設けられるようなキツい坂もあったが,ここまでの苦労を思えば大したことはない.

やがて釧路の明かりが見えてきた.
油断したのか,路肩の縦割れ段差にタイヤをとられヒヤリハット.
やばいやばい.
最後まで気を抜かないこと.

街に入る.
複雑怪奇なルーティング.
ようやく明日以降との重複コースに入る.

「ここまで来たらホテルに向かう前に通過チェックをクリアすべし」と,かの有名な橋に向かう.

iPhone11 Pro

【877.3km:通過チェック9 釧路市 幣舞橋】 8/23 19:43

今日のライドも終了.
止まると風の強さを感じる.

それにしても助かった.
今日も天に愛されたなぁKazchari.感謝,感謝.

撮影を終え,ホテルに向かうが,これまで同様チェックイン前に夕食を済ませたい.
そこに目が停まったのが「ラーメン天二郎」

iPhone11 Pro

ここにするか.
時短営業中なので8時でオーダーストップ?
今,何時だ? 7時50分.セーフ!

iPhone11 Pro  8/23 20:03

よくわからんメニュー表示だったが,定番の味噌ラーメンを注文.
美味かったがにんにく量がなにしろエグい.
つまり口臭が...って,誰に気をつかう?
まっ,ええか.今日も相当体力使ったし.スタミナ,スタミナ.

店を出た後,近くのローソンで,就寝前に欠かせないプロテインを購入.
朝食は...買わない.
本日の宿は朝食付き,しかも朝5時半から食べられるのだ.

で,その「コンフォートホテル釧路」チェックイン.
時刻は20:40.上出来だ.

事前情報では,チャリの部屋への持ち込み不可.
裏の小屋みたいなところに入れて施錠してくれる,という話だったが,フロントで尋ねたところ,持ち込みOKにしてくれた.素晴らしい!

スタート地点の「万葉の湯」同様,応対スタッフによって対応が変わるのだろうか?
すかさず「タイヤ拭きます」とウェスを取り出す.
この作業を初めてしまえばこっちのもの.
前言撤回される前に,そそくさとエレベーターに乗り込む.

iPhone11 Pro  8/23  20:43

ふー,助かったぜい.
早速,ウェアを全て脱ぎ捨て全裸モードへ.
洗濯機の場所もしっかり確認済みだ.

さらに,このホテルにはドロップボックスを送ってある.

iPhone11 Pro
iPhone11 Pro

この3日間,および残りの行程を熟考し,入れ替えるもの,送り返すものを検討

・ Di2バッテリの充電.特殊形状のコネクタとACアダプターなので,今充電して送り返す.
・ 着替えのジャージ.「気分転換に」と入れた.残り2日は新ジャージで.
・ ネックサポーターを取り出す.小型軽量ゆえ,サドルバック内に収納でき,フレームがわりになる.
・ 交換チューブ.パンクしたのでありがたい.
・ マッサージガン.超ありがたい.両大腿と肩甲骨周辺の筋肉を入念にマッサージ.
・ 洗剤小袋.
・ 交換用ブレーキシュー.

不要だったもの.
・ いつも使ってる「Specialized Powerサドル」⇒ケツに問題があった時用.
・ サドルに合わせたオルトリープ
・ 予備タイヤ
・ 予備薬
・ 予備エナジージェル

この先2日間,雨は降らないとのことでレインパンツも送り返す.
レインジャケットは防寒着代わりにもなるので引き続き携行.

洗濯が終わったと思われる頃,回収しにいく.
そばには自販機も設置されていた.
さらに製氷機と紙コップまで...

「い,いかん」と思いつつも,カラダはココロと裏腹に缶チューハイの購入ボタンを押してしまっていた.アルコールは筋肉を破壊するというのに...

「筋トレ後のお酒」は筋肉量が落ちるってホント?

iPhone11 Pro

まぁ良い.
無事,魔の3日間を乗り切った自分に対し,そして,悪天候の試練を与えてくださらなかった慈悲深い天に...乾杯.

本日までの総走行距離:878km/1309km

Audax Japan RM812 Okhotsk 1300km Hokkaido(その2:幌延~紋別)

2022/8/22 Mon

戦いとは,常に二手三手先を読んで行うものだ.

iPhone11 Pro

iPhoneのアラームが鳴る前,午前3時半起床.
エアコンは偉大だ.ぐっすり眠れた.

布団の中で軽く膝を曲げてみる.
左右腸脛靭帯と大腿四頭筋にわずかな痛み.

大丈夫だ.

フレッシュとまでは言わないが,ほぼリカバリできている.

カラダを起こし,就寝前にも塗布したボルタレンを再度使う.

【第2類医薬品】ボルタレンEXゲル 50g

さらに膝痛の予防措置として,初テーピングも実施.
一応リハビリ専門職の端くれとしての知識をフル活用.

腸脛靭帯のためのテーピング

iPhone11 Pro

ピップ プロ・フィッツ キネシオロジーテープ しっかり粘着 テーピング 足・ひざ・ふくらはぎ用 50mm×4.5m ベージュ スポーツ

朝5時.
同じホテルに泊まっていたAさん,Bさんも玄関にでて来られた.

iPhone11 Pro

軽く挨拶をかわし先に出発する.
さすが早朝の道北である.少しヒヤッとする.
ウインドブレーカーを着用.

町を出るといきなりの坂.
早々に汗だくとなり,ウインドブレーカを脱ぎ,長袖ジャージとレーパンに戻る.

iPhone11 Pro

乾燥機がなかった宿だが,バスタオル吸水+部屋干しで,特に問題なく乾いている.さすがサイクルウェアだ.

ただ...今回のブルベでは,昨年購入した長袖の「Audax Japan BRM100周年記念ジャージ」を着用しているのだが,Kazchari的にはあまり着心地が良くない印象.素材の好みなのだろうか? 半袖の方が良かったかな?

牧草地帯を走り,豊富温泉へ向かう.
ここもGWに通ったなぁ.

おっさんのGW~宗谷丘陵,白い道ライド(その3)

その時も思ったが,インバウンド向け(?)な,オシャレなゲストハウスがたくさんある.幌延もこちらの方向を目指すのだろうか?

もちろんゆっくりと温泉に使っている間はない...っつーかまだ開業していない.

そして国道40号をしばらく走った後,道道へ左折.
次の通過チェックを目指す.

iPhone11 Pro

6:47【361.6Km:通過チェック3 抜海駅】

これは見つけるのが難しいポイント.
思わず通り過ぎてしまいそうな場所にある.
それに駅名の看板がなければ,駅には見えない地味な外観.

まぁ,せっかく来たからと駅舎内の見学でもするか...と思った瞬間,膝裏に激痛!

そう,ヤツらだ.ヤツらが来たんだ! アブだ!
ヤツらの姿をついに肉眼で確認.

先月の地獄ライドでヤツらの恐ろしさは十分理解していたはずなのに,すっかり油断していた.
全く懲りてない...

ファットなオソウシ温泉,地獄のデスライド!

対策としてハッカ油を用意していたのが,朝の準備のゴタゴタですっかり塗布を忘れていた.アホなのか?

天然 ハッカ油 スプレー 30ml 日本製 食品添加物 ペパーミント オイル

今更だが,慌てて噴射.
それにしてもサドルバッグに付けた「おにやんま」よ,ちったぁ働けよ!

おにやんま 動物模型 虫避け

キャンパーやサイクリストに最近ブームのこの商品.
専門家は効果に疑問,ユーザーは役に立ったと,正に世論が二分中(大げさな).
まぁ,今回噛まれたのは1匹だけで済んだのはこいつのせいと,楽天的に考えることにしよう.
ちなみに,この「おにやんま」,この旅の間に道の駅のおばちゃんスタッフを3回ほど驚かせることになる.

つーことで,ヤベー駅の周辺からあわてて退散.
朝食用に買って残していたバナナで補給.

iPhone11 Pro

バナナは補給食のホームラン王です.

iPhone11 Pro

延々と続いた内陸ライドからついに開放!
日本海に出る.
いわゆるオロロンライン(の終わりかけ)だ.

iPhone11 Pro

気になるのが風向きだが...おお,ほぼ無風!

下ハン,TTバーを駆使し爆走!
長距離ブルベでは追風,無風や下り坂はボーナスタイムなのだ.

この時,反対車線から荷物満載のチャリダー(クロスバイクっぽい)が.
手を上げて挨拶するが,そのチャリダー,ヘルメットこそかぶってはいるものの,なぜかグリーンのワンピース(スカート)姿の女子.
ものスゲー違和感だったが,あれは白昼夢だったのだろうか?

iPhone11 Pro
iPhone11 Pro
iPhone11 Pro

7:32【378.9Km:通過チェック4 稚内恵山泊漁港公園】

いわゆる「ノシャップ岬」だ.
ここもチャリで来るのは初めてやね.

さて,せっかくのノシャップ.
海鮮食堂が多数並ぶ.

そんな中,以前より気になっていたのが,各種サイトでよく見かける「漁師の店」
確か早朝からやっていたはず...と思い,Google先生に聞くと8時開店だった.
なんというグッドタイミング.
この機会を逃すわけにはいかん,と店の前で並びを入れる.

iPhone11 Pro

すると,店内からご主人登場.

「ウニ丼かい? 今朝は不漁で採れなかったので,他のでもいいかい?」

それは仕方がない.

しばらく待っていると,名古屋ナンバーのオートバイが一台やってきた.
待ち時間,色々話す.今回初北海道だそうな.

Kazchari「オレが初めてオートバイで北海道来たのは1988年やったなぁ.あの頃はまだ三国峠が未舗装で...」

名古屋ライダー「あっ,それ僕の生まれた年です」

そ,そうか...

8時になり開店.
商店側で注文し,隣の食堂で食べるスタイル(よくわからん).
結局¥1,500の海鮮丼を注文.

iPhone11 Pro

先程のライダーと同席しバイク談義.
すると,注文した海鮮丼がやってきた.

iPhone11 Pro

いやいやいや,待ったかいがありました.
「ホンマにこの値段でええの?」というほどのボリューム.
そして...おわかりになるだろうか? オレンジ色のあいつも,ちゃんとのっていることが...
そう,一番客だったせいか,ウニを付けてくれたようだ.
ありがたや.
もちろん,最高に美味.

昨日の「霧立亭」のとろろそばに続き,Kazchariにしてはめずらしくグルメ・ブルベしている.
満足,満足.

食事後,スマホのメールを確認すると,AJ-Hokkaidoのスタッフから「スタート時のレシートの時刻がピンボケで見えないので再撮影,再送してください」との連絡.
わかりました.慌ててたしなぁ.

名古屋ライダーさんと別れる.
その際,互いに「良い旅を」と伝えあう.
そう,やはりこの「1300」って,ブルベ(競技)ではなく,旅だよなぁ...

鹿だらけの市街を抜け,宗谷岬を目指す.

iPhone11 Pro
iPhone11 Pro

北防波堤ドーム公園.
その昔は,膨大な数のライダーが野宿していたものだが禁止になったのだろうか? 誰もいない.

稚内の中心街を脱出.
海岸沿いの国道238号を走る.最初は向かい風だったが,やがて追い風に.ヒャッハー!

iPhone11 Pro

で,GW以来の宗谷岬着.
モニュメント前で撮影.

iPhone11 Pro

お盆も終わり,さらには平日である.
観光客も非常に少ない.

さぁ,これから南下!と意気込むが,念のためにと出走ガイドを確認.
すると,宗谷岬の通過チェック用写真はこいつではく,時刻掲示板付きのお土産屋だった.
あぶねーあぶねー.撮り逃がすところであった.

iPhone11 Pro

9:48【414.4Km:通過チェック4 宗谷岬】

さて,ここからオホーツク海沿岸ライドスタート!
この先エサヌカまで,チャリで走るのは初めてだ.
本日の宿泊地は紋別である.さぁ,何時に着くか?

懸念していた風は...向かい風.ただし微風.
坂を除き,アベレージ20km/hを切ることなく続く.

iPhone11 Pro
iPhone11 Pro

天候も良く,暑いくらい.
実に走りやすい.
ボディコンディション,つまり頸,ケツ,膝全て問題なし.
何もかもうまく行き過ぎている.

贅沢を言うなら...あまりにも風景が単調でヒマだ...

念のため,眠気覚まし用の「MP3プレーヤー+骨伝導イヤホン」も持参しているが,なんとなく音楽を聴く気にはならない.
刻の過ぎゆくままに...半トランス状態でひたすらペダルを回していた気がする.

それでも腹は減る.
浜鬼志別のセイコマで小休止.
シュークリーム的なモノで補給する.

iPhone11 Pro

さらに南下.
やがて...例の道が現れる.

iPhone11 Pro
iPhone11 Pro

いわゆる「エサヌカ線」である.
感動的な風景ではあるが,「1300」の途中で走りたい道ではない.
ここが目的やったらええんやけどな.
それに...向かい風地獄.

お昼すぎになったので,浜頓別のセイコマで昼食.
これまた懸念していた胃腸の調子だが,全く問題なし.
いや,それどころか腹が減って困るぐらい.
「に,肉をよこせー!」ってなもんだ.
水分も十分取れており,ここまで尿の色も正常.
「トカプチ400」で苦労した,排尿時の痛みもない.ただし...(伏線)

現在13:00.
紋別までまだ100kmほどある.
長いなぁ...

嘆いても仕方がない.
進むしかない.

iPhone11 Pro

道の駅「マリーンアイランド岡島」着.
ここのソフトクリーム,美味かったな.

この後も3か所ほどセイコマや自販機に寄り,水やジェルの補給.
体力的にはともかく,精神的にヤられる長ーい長ーいオホーツク沿岸道路.

iPhone11 Pro

やがて日が落ちてライトオン.

交通量が増え,前方にこれまでとは明らかに異なる都市の明かりが見えてきた.
そう,紋別市にようやくたどり着いたのだ.
稚内以来の「山岡家」「ホーマック」などの看板が懐かしい.

やたらに坂の多い市内を登ったり下ったりしていると,ついに本日の宿泊地紋別セントラルホテルが見えてきた.
ホテルの位置確認後,夕食ポイントを探す.
着替えがないので,チェックイン前に食べなければならない.
コンビニ食はさすがに避けたい.
すると,ホテルのすぐそばに海鮮物食堂を発見.
即決定.

iPhone11 Pro

「貝柱とホタテのバター炒め定食」をオーダー.

iPhone11 Pro

味は悪くないが,量が少なすぎるぅぅぅ.
ブルベライダーはカロリー命(意味不明).
結局,ホテル正面にあるセイコマでさらに買い出しすることになった.

結局ホテルには20時頃チェックイン.
この時間に着ければ上出来.

北海道ブルベ民御用達のこのホテル.
当然,室内にチャリ持ち込み可だし,タイヤを拭くためのタオルまで貸してくれる.

エレベーターも十分広く,チャリを乗せるのに支障なし.
パーフェクトに素晴らしい.

iPhone11 Pro

宿到着後,最初にやるべきは洗濯である.

このホテルの洗濯機は大浴場の脱衣室にある.
つまり入浴している間に洗えるわけだ.

それに...なんとサウナまである! なんというご褒美!
正に神の御業! kazchari,何かいいことしたっけ?

もちろん,浴槽内では大腿四頭筋を中心に全身のストレッチ&マッサージ.

外気浴はさすがにできないものの,きっちり3セットで「ととのえる」

蘇りました.HP満タンです.
昨日から600kmを走った疲労感は全くない.

先人たちのブログを読むと,この時間に宿に着くのは難しいという.
天候に恵まれているせいもあるが,ブルベを快適にするもしないも脚力次第.
現状,そこそこのアベレージで走れているのは,これまでのトレーニングの成果やなぁ.

今日もまた6時間は眠れそう.

予想外にサ活もでき,洗濯モノを干して一息.
大満足の一日の最後に,明日のコースと天気予報をチェック.

「えーと,23日の釧路方面の天気は...ぼ,暴風雨!確率70%だとぉ!?」(tenki.jpより)

天国から一気に地獄へ.
絶望の夜が更けていく...

ここまでの走行距離:600km/1309km

Audax Japan RM812 Okhotsk 1300km Hokkaido(その1:当別太美~幌延)

2022/8/21 Sun

朝焼けの光の中に.

iPhone11 Pro これは夕日

就寝時はアイマスクと耳栓を使っているので,アラーム(音)ではなく,バイブレーションにて朝3時半起床.まずまずの良眠.

マットレスが並ぶリラックスルーム.
昨夜9時に横になった時はKazchari一人だったが,起きると全てのマットが埋まっていた.

ロッカールームで着替える.
「万葉の湯」唯一の残念ポイントが,朝風呂開始が6時からということ.
出発前にひとっ風呂浴びたいところである.

1階の受付へ.
ベルを鳴らして仮眠していたスタッフを起こす.すんまへん.

駐車場直結の出入り口は閉まっているので,正面玄関へ.
ホールには,明らかにブルベ仕様のロードバイクが2台.
ひょっとしてKazchariと同じ日程の方かな?

朝4時過ぎ.
外はまだ暗い.いや,暗いだけでなくスンゴイ朝もやである.
世紀の胸糞映画『ミスト』並.何かが出てきそう.

ミスト(字幕版)

クルマからチャリを出してセッティング.
車内はともかく,足元が暗くて何がなんだかよくわからない.
作業用小型ライトを積んでいてよかった.

iPhone11 Pro

OLIGHT Swivel

何を持っていき,何を置いていくのか?
ギリギリまで悩む.
安心感と軽量化のせめぎあい.
どうしても最終的に後悔するのは目に見えている.

まぁ,ここは日本.
”モノ”はそこら中にある.
足りなければ買う.不要ならば送り返す.
これでGo!

と,悩んでいるうちに明るくなってきた.

iPhone11 Pro

旅立ちの前に「万葉の湯」玄関でパチリ.
「1300チャリダー」限定の映えスポット.

iPhone11 Pro

少し走ってスタート地点「セブンイレブン当別太美店」着.
ここでもらうレシートが,この旅のチケットである.

iPhone11 Pro

朝食は水,コーヒー,バナナにおにぎり2つ.

今回の1300は「N2BRM」方式.
期間内での日程は自由で,オンラインブルベカードが用いられる.
Kazchariにとって初の試み.
相当緊張(興奮?)していたのか,コーヒーをサーバーに置いたまま店を出てしまい,店員さんに「冷めちゃいますよ~」と注意される.

また,もらったレシートを写真に撮ってオンラインでアップする必要があるのだが,Googleアカウントのパスワードを忘れてしまい右往左往.
あわててパスワードの再設定.
そのせいなのか,レシートの写真がピンボケで肝心の日付が全く読めないことに,この時は気づかなかった.
さらに,もう一つミスを犯していたのだが,その件は後日判明.

iPhone11 Pro

食事をしていると,先程ホールに置いてあったロードバイクのチャリダー2名が登場.
やはりKazchari同様,本日出発組だった.1日あたりの走行距離,目的地も同じ.
軽く挨拶をかわすが,これから何度も遭うだろうからと,この時は名前も尋ねなかった.便宜上Aさん,Bさんとする.

オンラインブルベカードに「出発時間5:00」と申請し,いよいよ冒険の旅へ!...と漕ぎ出したものの,見事にコースを逆走してしまい,2kmほど無駄走り.
GPSがあっても,相変わらず方向音痴なKazchariである.

あらためてスタート地点に戻り,再度「GARMIN Edge 1040」のスタートボタンを押す.
ゴールまで絶対に触ってはいけないボタンである.

GARMIN(ガーミン)Edge 1040 ソーラー充電対応モデル(Solar)

朝もやは少し晴れてきたが路面は濡れている.
早くもDomaneが汚れてきた.
いや,車体は良いのだが,チェーンの油切れとブレーキシューの摩耗,それにパンクリスクの上昇が気になる.

それに,GARMINの設定を適当,いや何もしてこなかったため変なデフォルト機能が残ったままだった.
例えば5kmごとに勝手にラップタイムを計測し,ご親切にもいちいちそれを読み上げてくれる.むっちゃプレッシャー.
下手に解除してログ終了になっても嫌なので放置する.

そして画面のデータ表示.
以前使っていた「Edge 1000」同様,フルに10分割画面にしたつもりだったのだがなぜか8分割に.
「総走行時間」いわゆるグロスタイムと,Di2のバッテリー残量項目が消えた.
復活させたいところだが,やはりやめとく.

ただし悪いことばかりではない.
「走行距離」表示エリアのサイズに余裕ができたため,1000kmを越えても小数点2桁まで表示される.
進んでいる感があって,これには助けられた.

iPhone11 Pro

道道28号を使ってひたすら北上.
青山ダムなどは,過去のブルベでも何度か通っているため記憶に新しい.
交通量は少ない...と言いたいところだが,朝練なのか,リッターバイクが猛スピードで走っていた.

iPhone11 Pro

ようやく青空が出てきた.
ウルトラセブンが太陽光を浴びる際のBGMが脳内で再生される.
カラダが起きてきた.

iPhone11 Pro

【65.1km地点:通過チェック1 吉野公園】

キャンプ場併設.
ツーリングマップルによると温泉まであるそうな.
意外に穴場かも.

iPhone11 Pro

通過チェックといえば証拠写真.
コース概要では,撮影対象を2つ以上提示している場所がある.
どれか1枚で良いらしいが,念のためこいつも撮っておく.
何があるかわからない.戻って再撮影なんてとんでもない.

iPhone11 Pro

さらに35kmほど進んで100km到達の記念撮影.
国道275の妹背牛付近だったような.
驚くべきは「Edge 1040」のバッテリー.
おわかりになるだろうか? 4時間近く乗って,わずか8%しか減っていない.

iPhone11 Pro
iPhone11 Pro

妹背牛のセイコマにて小休止.
水やエナジージェルの補給.
ここにはちゃんとゴミ箱あり.
レシートなどは捨ててしまったけど,今思うに残しておけばよかった.
時間経過がわかりやすい.

iPhone11 Pro

道の駅「森と湖の里ほろかない」でトイレ休憩.
途中,「右折すると旭川方面」案内板がちらほら.
つまり,このあたりは日帰りエリア.
ここで昼食を考えたが,もう少し進んであの店を目指す.

iPhone11 Pro
iPhone11 Pro

はい.みんな大好き「霧立亭」でございます.
先日のお誕生日ツーリングですっかりお気に入りの「とろろそば」を注文.

モンキー125,朱鞠内湖で55回目の◯◯◯

今日も「追いメシ」をしたいところだが,さすがに腹が重くなる.ここはガマンしてとろろ汁だけをすする.美味し.

iPhone11 Pro

朱鞠内湖の展望台へ,チャリを押し上げる(行けばわかる).
このあたりは「宗谷600」のコースを逆に辿っている.

さて,ここから本日のクライマックス,美深峠へ向かう.
にしても...暑い.
もちろん水の補給は十分だが,ボトルに入れたそれはすぐにぬるま湯に,それにプラの味が移って美味しくない.
そう,冷たくて,甘くて,シュワッとしてるヤツ...

あっ,あれは!(緊急停車)

iPhone11 Pro
iPhone11 Pro

最近お気に入りの「ファンタプレミアオレンジ」を一気飲み.美味し.
ここは母子里.突如現れたオアシス.

iPhone11 Pro

【201.0km地点:通過チェック2 美深峠】

直登のヒルクライムを終え,たどりついた美深峠.
暑さと重さでなかなかキツい.
そらそうだ.200kmと言えばブルベの最短距離.
プライベートでもなかなか走らない.

本日の目的地までまだ100km以上.
ちゃっちゃとダウンヒルして距離を稼ぐか.

そこそこの速度で下る途中,開けた場所にかかる橋上にていきなりの横風.
あれはヤバかった.要注意ポイント.

そして国道40号に合流.

iPhone11 Pro
iPhone11 Pro

さすがにカロリーが足りない.
ロードではご法度の揚げ物に手を出す.
良いのだ.
今日はトレーニングではなく旅なのだ.
それに,ここ道の駅「びふか」のコロッケはバカ美味.

名寄から来たと言う2人組のローディに声をかけられる.
ガチ勢というわけではなく,むしろ機材やレース鑑賞に興味があるそうな.
アームストロングネタで盛り上がる.

Stravaやらなにやらで共通の知人がいるのも面白いね.

iPhone11 Pro

道の駅「おといねっぷ」でトイレ休憩.
確か16:20頃.
さすがに休憩時間が増えてきた.
疲れている?
いや,それよりも飽きてきている.
残り距離を今の速度で割って,後何分,後何分...と独り言をつぶやくようになってきた.

iPhone11 Pro

さらに進んで道の駅「なかがわ」着.
いいかげん腹が減ってきたので,もし食堂が開いていればここで...と考えていたが時刻は17時過ぎ.既に閉店していた.

仕方がない.宿の近くまで我慢するか.

iPhone11 Pro

本日の宿泊地,幌延まで後少し.
日が落ちる.

明るいうちに着きたかったのだが,さすが間に合わず,ライトを点灯する.

iPhone11 Pro

19時過ぎ,宿近くのセイコマ幌延店.
ここで夕食と朝食の買い出し.

みんな大好きセイコマの「カツ丼」を夕食とする.
すると,Kazchariの隣で,スズキのリッターバイクに乗った若いライダーもセイコマ弁当を食べ始めた.
互いに挨拶をかわす.

ライダー「いやぁ,今朝千歳を出て,宗谷岬を回って来ましたよ~ 相当走ったなぁ.疲れた疲れた」

Kazchari「大変やな」

ライダー「自転車ですか.どこから走ってきたんすか?」

Kazchari「当別.ここで310kmほどかな」

ライダー「えっ...」

ウソは言ってないし,見栄も張ってない.無意識にマウントしてしまった.
つーことでブルベという狂気のイベントについて,ざっと説明.こっちの世界も楽しいでぇ.

iPhone11 Pro

さぁ,宿に向かうか.
ここからはGoogle先生に道案内を頼む.

幌延は寂しい町だ(すいません).
そこに突然あらわれたオシャな建物.それがスマートホテル幌延

今回の「1300チャリダー」に大人気らしい.
その理由はこの辺りの安宿では珍しく,部屋にエアコンがあること!
最近は道北でも蒸し暑い夜が続くのだ.

何がスマートかというと,スタッフがいないから.
フロント(?)にあるタッチパネルに,事前に届いたチェックインコードを入力すると,部屋番号と鍵番号が表示される.

ほぼ予定通り,19時過ぎにチェックインできた.
汗だくのウェアを脱いでネットに放り込み,洗濯機に向かう.
おっとその前に,部屋に備え付けの作務衣風の寝巻きを着る.もちろんノーパンだ.

先に「1300」を走ったOさん情報だと洗剤が用意されていないということだったが,ちゃんとあった(有料).
オーナーがOさんのSNS投稿を読んだのだろうか?

洗濯機を回し,部屋に戻ってTVをつけると『鎌倉殿の13人』を放送中.
それを見ながらシャワー,マッサージ,明日の装備のチェックをこなす.
カラダも機材も致命的な故障なし.

洗濯終了.
乾燥機はないので,タオル巻→圧迫で水分をとばして干す.

21時になった.
後は寝るだけ.
4時にアラームセット.
あれ?7時間も眠れる.なぜかいつもより長い.

ショートスリーパーとベジタリアン

今日は大好きなチャリに1日中乗れたステキな日.
深い眠りにつけるでせう...ZZZ

本日の走行距離:314km/1309km

Audax Japan RM812 Okhotsk 1300km Hokkaido(その0)

2022/8/20 Sat

もはや旅.

ついにこの日がやってきた.
まずはスタート地点の万葉の湯 ふとみ銘泉へ.

Kazchariにとって札幌発着ブルベでの定宿である.
あくまで推測だが,今回の「1300」では,ほとんどの出走者がここで前泊するのでは?
それはスタート地点が,ここから数百メートルの「セブンイレブン当別太美店」だからだ.

おっと,その前に最後の悪あがきで色々と準備物をネットで追加購入.
完全に不安の表れ.

iPhone11 Pro

ネックサポーター 首用サポーター 頸椎 ネック 固定 軽量 サポート スマホ首 首の痛み 肩こりに 姿勢矯正 ネックストレッチ コルセット

嫌でも長時間チャリに乗り続けることになる.

その際,起こりがちだという恐怖のシャーマーズネック対策.
チャリ関係はもちろんのこと,一切レビューが見つからないため,その実用性や効果のほどは未知数.
タオル巻やチューブテンションよりはマシなような気がする.
軽量(200g以下)かつ,それほど高価でもないため,とりあえず買っとく.

【第2類医薬品】パンシロンキュアSP 30包

1300kmの消費カロリーは半端ないだろう.
しかも,落ち着いて食べることはほとんどなく,基本はコンビニ飯をこまめに補給.つまり常にシェイク状態.
胃にとんでもなく負担がかかることに間違いない.その対策.

【第2類医薬品】ロキソニンEXテープ 14枚

頭痛持ちのKazchariにとってロキソニンは常備薬.
今回は筋肉痛用に湿布タイプも買ってみた.

そして今回はドロップバッグならぬ「ドロップボックス」(宅配便)を3日目のホテル(釧路)に送っておくことにした.
ネックサポーターは後半必要になってくると思われるため,それに入れておく.

※ドロップボックスの中身については後日.

そして悪あがきの極めつけはこいつである.

所有していた「GARMIN Edge 1000」の不調が気になっていた.
今回の”記念”ブルベばかりは,途中で故障やログが取れなかったではシャレにならない.

そこで新しいサイコンとして,まず目に留まったのが,現状GARMIN製サイコン最高峰の「Edge 1040」.もちろんソーラー充電タイプである.
機能については全く文句ない.つーかむしろ過剰なほど.
大は小を兼ねるのだ(意味不明).

ただし問題は...何しろ高額.
軽く10万越えでiPhone並.

しかあし,スタート一週間前に,ちょうどポイント増額Dayが色々と重なり,PayPayモール(ガーミン公式)で,なんと25000ポイントも付くことが判明.
出発前日に配達が間に合う(19日到着)こともメールで確認.
つまり試走までできる状況.

こっ,これは買わずにいられまい!

まぁ,新しい商品を使いこなせるか,という不安はあるが...(ここ伏線)
「これまでと同じメーカーだし,あまり変わらんでしょ」と楽天的に考えることにした(ビジュアル,操作ともむっちゃ変わってた).

iPhone11 Pro
iPhone11 Pro Edge1000との比較
iPhone11 Pro 金属マウント

で,20日の午前中はDomaneの洗車と装備の最終チェック.
総重量はどのくらいだろう?
ファットバイク(乾燥重量15kg)よりは軽い印象.

iPhone11 Pro
iPhone11 Pro

”ミクロマン”Kazchariならではの悩みがこれ.

iPhone11 Pro

後輪とサドルバッグのクリアランスである.
荷物のパッキングや道路からの振動しだいでは擦りそう...見なかったことにする.

クルマに積み込み,14時過ぎ出発.
自宅から「ふとみ銘泉」までは120kmほど.

いつも通りにケチケチで高速道路はつかわず国道12→275号で南下.
明るいうちに着いた.

ここを定宿にしている理由はもう一つ.
Kazchariは私学共済加入者なので,入浴料だけなら無料なのだ.
オーバーナイト(宿泊)なら,深夜料金が追加となるが,大した額ではない.

チェックイン時,25日の夕方までクルマの駐車を申請.
情報通りあっさりとOK.
ホンマ良い宿だ.

※ 責任が持てないからと,駐車を断られた参加者もいたらしい.担当スタッフ次第?

しっかりと「サ活」を行い,夕食も施設内で.

iPhone11 Pro

がっつりと「スープカリー」.
以前に比べ,味が良くなった気がする.
いつまで濃い料理,食えるかなぁ.

天気予報をチェックとしっかり快晴マーク.
素晴らしい.

21時.
今夜もリラックスルームで就寝.

いよいよだ.

※ 続きはこちら ⇒ Audax Japan RM812 Okhotsk 1300km Hokkaido(その1:当別太美~幌延)

対1300ほぼフル装備試走ライド

2022/8/14 Sun

It’s easier than you think. ⇒ まだ早い

iPhone11 Pro

晴れの日曜日.
本日の最重要ミッションは「1300」完走用のフル装備試走である.
完全な準備はまだなのでほぼ空荷.
重量はともかく,装備を全て付けてみる.

【Bontrager ion800】
前回のブルベ「トカプチ400」でも大活躍.
夕方6時から深夜1時までmiddle(450ルーメン)で,かなりの暗闇でも問題なし.
カタログ数値より良いぐらい.
ましてや今回オーバーナイトはないでしょう(たぶん).

Audax Japan BRM618北海道400kmトカプチ(その3)

【OLIGHT RN1500】
みんな大好きOLIGHT.値段・性能ともに最強のライト(※個人の感想です)

OLIGHT(オーライト) RN1500 自転車 ライト USB充電式

唯一の欠点はレンズカットのせいで逆さ吊りできないこと.
今回は使わないけど,こんなのも買った.

ゆるふわーくす OLIGHT(オーライト)RN1500用キャットアイアタッチメント吊り下げ用

【TTバー(メーカー不詳アルミ製)】
長距離ブルベではハンドルポジションのバリエーションが多いほうが良い.
身体各部位の痛みを分散できる.
3年前の「宗谷600」でも装着していたが,あまり使わなかった.
今回の距離は倍以上.必ず役に立つ気がする.

ストレートタイプ クリップオンバー エアロバー トライアスロンバー 補助ハンドル ロードバイク

【Garmin edge 1000】
昨日のフリーズが記憶に新しい古参サイコン.
そろそろ限界かなぁ...おっと,何か変なボタンを押してしまいそうだ.

【Garmin etrex30x】
既に「Ride with GPS」からデータ転送済み.
例によってそのままでは全コースが表示されないので,以下の方法で修正.

Garmin etrex30xの困った仕様~gpxファイルが...

iPhone11 Pro

【SHIMANO PD-EH500】

iPhone11 Pro

SPD-SLからSPDペダルに変更.
普段はファットバイクに付けていたモノを一時的に移植.

シマノ(SHIMANO) SPDペダル PD-EH500 片面SPD/片面フラット SMSH56クリート付属 ブラック EPDEH500

なぜSPDに換装したのか? ⇒ 襟裳岬の強風対策.
横風に煽られ転倒しそうになった際,ピンディングだと外しやすい.
場合によってはその後,数キロの押し歩きが待っているかもしれん(イヤや).

iPhone11 Pro

【セラアナトミカ】

(SELLE An-Atomica/セレアナトミカ)(自転車用サドル)X-series WaterShed (ホワイト)

SELLE ANATOMICA セレアナトミカ Rain Saddle Cover サドル レインカバー

なんだかんだで長距離ブルベ伝統の革サドルにした.
「トカプチ400」の時の排尿時痛は,革が伸びて座面が凹みすぎていたことが原因と推測.
レンチで革のテンションを調整.ネジの半分ほど使った.
革だけでも交換できるらしいけど,後何回ブルベで使えるのだろう.
雨に弱いので,もちろんレインカバーも装着.

R250(アールニーゴーマル) サドルバッグ ラージ ブラック R25-K-SADDLEBAG-BK ブラック

これも昔から使っている「R250」のサドルバッグ.
防水ではないが,その分軽い.
予備チューブやレインウェア,救急ポーチなどの小物が入る.

今回初めてフレームバッグを導入.
重心的に,モバイルバッテリーなどやや重めのモノ入れる.
驚くほどサイズぴったり.
ボトルの抜き差しも問題ない.

GORIX(ゴリックス) フレームバッグ

ざっくりとこんな装備で美瑛の丘を”ゆるポタ”
うん,調子よし.

軽く補給のため,美瑛市内のいつものセブイレブンに寄る.
店内で飲み物を選んでいると,ブルベ記念ジャージ+蛍光ベストを着たサイクリストの姿を見かける.
思わず「何のブルベですか?」と尋ねる.

なんと「摩周1000」の参加者だった.すんごい偶然.

Audax Japan BRM811北海道1000㎞摩周湖

完全にノーマークだったので,ここ,美瑛のセブンがPCとは知らなかった.
2泊3日の行程で今朝は帯広から来たそうな(スタートから850km地点).

iPhone11 Pro

互いに補給をしながらしばしブルベ談義.
道外,茨城県からの参加.すげー.
クルマ同様「1時間後にはその時速通りの場所にいる」ので走行スケジュールが組みやすいと言われていた.そうやろなぁ.

「残り150kmしか走れませんよ!」とエールを送る.
来週の自分の姿と重なった.

iPhone11 Pro クロモリ渋い.

見送った後,やや遠回りして帰宅.
セブンでは他にも「摩周1000」の参加者がいた.
みんな元気(アドレナリンのせい?).
おかげさんで「1300」への不安が減り,スタートが楽しみになってきた.

そう,毎日アホみたいに自転車に乗れるなんて,夢のよう.
That’s Paradise!

iPhone11 Pro

※ 無事完走しました! ⇒ Audax Japan RM812 Okhotsk 1300km Hokkaido(その0) 

機材トラブルからの旭岳クライムライド

2022/8/13 Sat

湧き上がる雲.

iPhone11 Pro

なんだかんだで『1300』の出走日が近づいてきた.
グラベルも楽しいが,しばらくはロード三昧とする.

晴れの土曜日.
今日は山登るか.

家の用事をゴタゴタと済ませ,10時には出発準備ができた.

長年の相棒「Garmin Edge 1000」をピコっと鳴らす.
次にスマートウオッチ「Garmin INSITINCT」の「ABC」と「GPS」ボタン同時押し(という設定にしている)で心拍測定開始.

GARMIN(ガーミン) Instinct 2/2S Dual Power Suica対応 タフネスアウトドア GPS ウォッチ 【日本正規品】

※ 今は2に進化!

ここまでは良かったのだが,なぜか「Edge」がトップ画面でフリーズ.
衛星受信もストップ.
どのボタン,画面を押してもうんともすんとも言わない.

なんてこった! パンナコッタ!

内蔵バッテリなのでデジカメのように電池抜いての強制リセットも不可.
このまま放置して,自然放電を待つのか?
今日のライドはどうなる?
このまま行く? いや,ログ残してぇ~

と,大パニック.
まさか「ボタン陥没事件」以来,ダマシ☓ダマシ使っていた「Edge1000」様がとうとう逝ってしまわれたのだろうか...

『Garmin Edge1000』のボタンがとれた⇒無事修復

ここは慌てず騒がずインターネッツ(Google先生)に相談.

備忘・・・ガーミン1000J、フリーズからの再起動

さすがインターネッツ,解決方法が直ぐに見つかりました.
上記サイトでは「PCにつないで...」とあるが,単体で3ボタン同時押しで無事再起動.
まるでWindowsの「Ctrl」「Alt」「Del」

ハードではなくソフトエラーだったのか?
良かった...ではないっ!
なんでこんな時期に発生?
『1300』での使用に不安を残すなぁ...

目的地は久々の旭岳.
いつものサイクリングロードを走る.
久々のロードバイクはひたすら軽く感じる.

先日のミーティングを思い出す.
そりゃグラベル”ロード”は速いわ,と納得.

ファットなグラベルミーティングライド

前方に子供を含むチャリダー3人組が幹線道路横断のため一時停止中.
スタート後すぐに追い越すつもりで,軽く会釈して,前に出させてもらう.

クルマが途切れたため「さぁ,行こう」とサドルに座った瞬間,いきなり前方におじぎ.
当然,バランスを崩し左ペダルのピンディングを踏み外す.
さらにはサイコンのラップボタン(?)もつい押してしまった.
どうやらサドルの締め付けトルクが弱かったようだ.

その横を先程の3人が,何も見なかったかのように通り過ぎていく.
は,恥ずかしい.

停車して携帯工具で締め直す.
水平? そんなんは適当.

修復後,さらに山方面に向かう.
途中,GIANT乗りの年配ローディに追いつく.
クランカーさんつながりだった.
走りながら色々とお話する.
サイクリングロードなので後方に注意しながら並走したけど,まぁ良いでしょう.

先程同様に一時停止箇所で停車.
クルマが途切れたので発進すると...なんと,再びサドルが前屈.あかんわ.

年配ローディさんには先行してもらい,Kazchariはまたしてもサドルを締め直す.帰宅したらちゃんとトルクレンチ使うべし.

再々スタート.
すると,サイコンの距離と時間が全く進んでいないことに気づく.
あちゃー,さっき間違って押したラップボタン,解除してなかったわー!(たぶん)
10kmぐらい損した.

少し雲が出てきた.
サイコンにもサドルにもケチもついたが,それでも登る.

ダムを越え,大雪湧水公園着.
いつものように水を補給.

iPhone11 Pro

いよいよヒルクライムスタート.
ホイールもディープやし,ブルベ的(?)にペース走法でペダリングを意識しながら,そして何よりも右膝の腸脛靭帯炎を悪化させないように...登る.

持病の頸・肩こりは?
今日のライド中は問題なし.
『1300』の本番時,姿勢矯正バンドどうすっかなぁ...

柔道整復師が考えた 姿勢サポーター 姿勢ベルト 男女兼用 (Lサイズ)

一応,Amazonで見つけた小型のバンドも購入.
こっちの方が運ぶのも楽か.

姿勢サポーター 姿勢ベルト 背筋補正 背筋サポーター 背筋ベルト 痛くなりにくい素材 男女兼用 [日本企画 メーカー公式] RCステッカー付 ブラック

いすれにせよ,4桁ブルベは未知の世界.何が起こるかわからない.

iPhone11 Pro

割りと良いペースでロープウェイ乗り場,つまりセグメントのゴール着.
後で確認すると,HCタイムは43:24.
軽量ホイールによるベストタイムは41:52なのでそれほど悪くないタイム.

これは最近続いた「地獄グラベルライド」のおかげか?

iPhone11 Pro

そしてビジターセンターで「神の飲み物」のご褒美.
やっぱり美味い.

iPhone11 Pro

話によると,十勝岳クライムのゴール地点,凌雲閣の赤コーラはいつも品切れだそうな.それはサイクリストがこぞって買うため.

ジレを着てダウンヒル.
とは言え,好天のおかげで,ジレがなくても良いくらい快適.

帰りはダムに寄る.
水面の色がキレイだ.

iPhone11 Pro

腹が減った.
道道を使ってダイレクトに東川の町へ.

以前から興味があった小さな洋食屋さんに入る.
おばちゃんと店員さん.
他に客なし.

なぜか大音量で「チャイコフスキー交響曲第5番」が流れている.
しかもクライマックスの第四楽章.
このロシアくささ.躁の時のチャイコ.この曲は大好きだ.

メニューには「留学生向け」と書かれたリストが.
そう,東川は外国からの留学生や,内地からの移住者の受け入れに積極的な町なのだ.道内で唯一人口が増えている町だという.

人口が増え続ける小さな町、東川町が選択する「適疎」と、その未来について。

注文を取りに来たアルバイトのお姉さんも,たぶん外国からの留学生.
チーズハンバーグを頼む.
待っている間に,ノリノリで聴いていたチャイコフスキーが終わる.
次は何かと期待していたら無音.
有線やラジオではなく,おばちゃんの趣味だったのか?

iPhone11 Pro

美味しゅうございましたが,生涯ベスト3には入らず.

さて,会計時にバイトのお姉さんにどこの国の人かを尋ね,その国の言葉で挨拶しようかと思ったのだが(マレー語,インドネシア語,ベトナム語,ミャンマー語なら),ちょうどお客さんが入ってきて機会を逃す.残念.

iPhone11 Pro

外に出ると,太陽は出ているものの雨がポツリ.
早く帰らねば,と思いつつ,道路の反対側を見ると何やら写真の野外展覧会.
見学する.

iPhone11 Pro

どうやらGAKKOTEN~大学・専門学校屋外写真展~のようだ.

アイデア勝負的な作品もあったが(悪いわけではない),非常に惹かれる作品も数点.
そんな好きな雰囲気の写真を真似して撮ろうと思っても,それが撮れない.機材やテクニックの問題ではない.やはり写真は光だけではなく,撮り手の感情も写るのだろう.むしろそれが人を感動させる.

あー,最近はiPhoneのスナップばかりで,“ちゃんとした”写真を撮ってないなぁ.一番モチベーションが高まる海外旅行に,最近行けていないのが大きい.

そこそこ高級なカメラとレンズは防湿庫に眠ったまま.
数台,数本は高校で写真部に入った娘に譲ったけど(血だねぇ).

とかなんとか感傷に浸りつつ帰路につく.
足とチャリの調子や良し.

ファットなグラベルミーティングライド

2022/8/11 Thu

ゆるポタとは?

いただき画像

本日はイベント開催日!

『【Pre GP】グラベルミーティング【山の日】』に申し込んだでぇ

朝4時起床.
さすがに車中泊よりよく眠れた.
夜中に一度トイレで起きたけど.

この3点セットは偉大だ.

WAQ 2WAY フォールディング コット 折りたたみ式コット WAQ-COT01 ハイ/ロー切替可能

WAQ キャンプマット 車中泊マット 厚手 8cm 特殊ウレタン 軽量 インフレーターマット

WAQ RELAXING CAMP PILLOW リラクシングキャンプまくら waq-rcp1-tn

外は小雨.
樹の下にテントを張っていたので,実際の降雨量以上の印象があった.

イベントの集合時間は7時半.
場所は正にこの公園の駐車場.
その前にテントを片付け,朝食を済ませておく.

このキャンプ場最大の欠点は,サイトと駐車場が400m離れていること.
ゆえに昨日の荷物搬送には台車を使った.

昨夜のうちに台車が回収されてしまったので,管理棟まで取りに行く.
と,ところが! 数台ある台車は全てチェーンで繋がれ,勝手に持ち出せない状態になっていた.
ただ巻いてあるだけではなく,しっかりと南京錠で固定.
ようするに「9時にならないと使わせない」ということだろう.

なんてこった! パンナコッタ!
おいおい,昨日のうちに「明日の朝,早いんで...」と告げといたというのに...
この大荷物を手で運べというのか!? 何往復必要?

こっそりとクルマを持ってくるか?
それはさすがにマズいだろう.他のキャンパーもいる.

どうしたものかとしばし熟考...

ピキーン!

妙案を思いつく ⇒ 台車がなければファットを使えばいいのよ.

で,こんな感じで撤収.

iPhone11 Pro

時々荷崩れして慌てる.

iPhone11 Pro

偉大なり! 車輪文明!
つーことで,このキャンプ場,二度と来ねえ!

朝ツユで濡れたキャンプグッズとファットをクルマに詰め込み,近所のセイコマまで走る.
ちょうど6時のオープン時間.
コーヒー,おにぎり,バナナの朝食を摂る.

「イベント中は補給困難」という言葉を信じ,いつものミニ菓子パンやら,水も購入.
ホンマここで買ってて良かった.これらがなければ生水をすするところだった.

7時過ぎ,元いた青空公園の駐車場に戻る.
天気予報通り陽がさしてきた.暑くなりそうな気配.
少年野球の試合があるのか,すでに大量のクルマが乗り付けていた.

参加者らしきクルマは...いた!
窓を開けて挨拶.
これで一安心.

クルマを止めて,再びファットバイクをセッティング.
チャリを積んだクルマがゾロゾロと駐車場に入ってきた.

すると背後から「もしかして旭川からですか?」と初対面の方に声をかけられる.
なんとSTRAVAつながり兼,本ブログの読者さんだった.
ファットというより,この妙に派手なチョロQっぽい青ハスラーでわかったらしい.

iPhone11 Pro

数人でしばらくチャリ談義.
それにしても,入ってきたクルマから降ろされるのほとんどがグラベルロード
ファットバイクなんて一台もない.

ロード寄りのイベントだった『100kmサイクリングin旭川』同様,ここでもどっちつかずのファットのポジションが良くわかる.

ファットな100kmサイクリングin旭川

逆に冬のイベントだとファットだらけやねんけどな.
まぁ,目立って良い.
ただし巡航スピードと登りが問題かも...(大当たり!)

7時半になり,ゆる~くブリーフィング開始.
ガレ場やぬかるみ,下りに注意などなど.
「レースではないのでのんびり行きましょう」と言ってたような,聞かなかったような...

iPhone11 Pro

つーことで8時過ぎ,グラベルミーティングのスタートである.

iPhone11 Pro

まずは町中ライド.
信号坂だらけ
事前の資料に書いてあった通り,まずは有名な(?)ベーグル屋さんで昼食の調達.
¥300のチーズベーグルを購入.いや,もう一つ買っておけば...と後悔することになる.

iPhone11 Pro

ここでライト,ミドル,ハードの3グループに分かれる.

Kazchariはどうせ出るなら最長距離ということでハードコースにエントリー.

グラベル率:約89%
総ライド距離:約83km
コース難易度:★★★★☆
獲得標高:約580m

総勢6名.
主催のYさんのグループである.
中には旭川界隈にて強くて有名なKさんがいた.
この後,実質この二人がガイド/リーダー役としてこのグループを引っ張ることになるのだが...いや,もうこの時点から嫌な予感と口内に鉄の味がしてきた.

再スタートしてグラベルを目指す.
まずは国道を走るのだが,この時点ですでに結構なペース.
グラベルの人はともかく,ファットだとキツイ.
例によってギアを回しきってしまう ⇒ ケイデンスを必死で上げる.

一応ファンライド(≒ゆるポタ)なのでグラベルに入れば...と思ってた時がKazchariにもありました.

グラベルの入口で,Yさんが「ここからスタートです.きっと舗装路のありがたみがわかりますよ」と言っていたのが忘れられない...

そう,ダートに入っても全然ペースが落ちない.
フラットではあるものの,下りでもないのに,このとんでもない巡航スピードで走った経験はない.舗装路と変わらない.

グラベルロードだとこれが普通のペース?
いや,Kazchariが遅いのかもしれんけど.

ふと,気を抜くと巨大な水たまりに突入.
ファットも身体も泥だらけ ⇒ もうどうでも良くなる.

iPhone11 Pro

このあたりは全然荒れていないので,走りやすいと言えば走りやすい.
他の参加者と走りながら話す余裕も...なんとかあり.

ただし,停車(休憩)するのは...誰かがモノを落とした時のみ.
それ以外はほぼ全力.

iPhone11 Pro

そう,これは(想定通りに)ゆるポタではなかった.
むしろ高強度のトレーニング・ライド(※個人の感想です)

iPhone11 Pro

つーことでマインドセット
ペダリングやらハンドリング,ケツの位置や体幹の姿勢などいろいろ試しながら走ることにする.

それにしても,今回のグラベルもまたいつも行く旭川や美瑛周辺とは異なる雰囲気.

いただき画像
いただき画像
iPhone11 Pro
iPhone11 Pro

ずっと森の中.展望はまず開けない.農道一直線の鹿追グラベルとも真逆.

しかおい小麦グラベル+おまけライド(その1)

これはこれで悪くはないが...いかんせんペースがぁ.

今回のコース,特に前半パートは登り基調.
さすがに足が売り切れ.
とうとう他の5人にちぎられる.
まぁ「Garmin etrex」にデータ入れてるし,迷子になることはないやろ.

iPhone11 Pro

と.ペースを少し落としていくつかカーブを曲がるとYさんが待っていた.
すんまへん.

iPhone11 Pro

50km走って,途中唯一の休憩ポイントへ.

iPhone11 Pro

我がハードコース組が一番乗り.
先程買ったベーグルを食べる.
一応ちゃんとした昼食...なのか?

iPhone11 Pro

あらためて見回すと,なかなか美しい地.
鹿の頭?

iPhone11 Pro

しばらくすると,ミドルコースグループが到着.
まったりとした空気が流れる中,トータルで40分ほど休憩(たぶん).
その間,他の参加者のグラベルロードを観察.
ロードとはコンポから何から別物やねんな.

iPhone11 Pro

後半戦スタート.
少し進んで記念撮影.
展望がなかなか開けないこのコース.
ここだけは別か.

いただき画像

残り30kmほど.
ようやく下り基調.

休憩のおかげでやや復調.
ミドルグループと混在で残りの行程をこなす.
むっちゃ疲れた.

ウィンゾーン 栄養補給ゼリー WINZONE ENERGY GEL (マスカット風味 6袋)

ハンガーノックの予兆時にはエナジージェル.
最近は『WINZONE』がお気に入り.
最近知ったのだが,カフェイン入りは「オレンジ味」だけらしい.なんで?

iPhone11 Pro
iPhone11 Pro
iPhone11 Pro
iPhone11 Pro
iPhone11 Pro

ようやくグラベル終了.
安心感と寂しさと.
でも,しばらくグラベルはいいや.

国道に出てからもヘロヘロ.
往路と異なり,グラベルロードの巡航に全く付いていけない.

それでも,元の駐車場にゴール.
グラベル率は約90%は伊達じゃなかった.
昨年の函岳ライドよりはるかにキツかった.

おっさんの夏休み(2)~激闘!函岳登頂ライド

iPhone11 Pro

つーことで,無事終了.
またしてもダマされました(※ホメ言葉)

とかなんとかグチめいたことも相当言っていますが,こういうハードなライドこそ,思い出に残るというもの.

基本的にマイペースなソロライドが好きなのは変わりないが,こうした他者が「見せたい,走ってほしい」と設定したルートを走るのも悪くない.
ブルベも同じ.
何しろ新鮮.
また,機会があれば参加したい.

困ったことに,今回のライドのおかげで,すっかりグラベルロードが欲しくなった.

Topstone Carbon 2 Lefty

デザイン(レフティ!),カラーリング的に今買うならこれ!
ただし価格が¥51万!

なんてこった! パンナコッタ!

iPhone11 Pro