冬の(チャリ)ライフに向けて~Nスペ『新型コロナ 全論文解読』

2020/11/24 Tue

旭川をサバイバル.

OLYMPUS TG-5

北海道で新コロ感染者が増大している.
同じ北海道ながらも,その距離感から対岸の火事の様にとらえていた旭川でも,病院でクラスターが発生するなど,さながら“ヘル”旭川の様相を呈してきた.

ただし,新コロの報道は単に新規感染者の数を発表しているだけで,重症者や回復者の詳細を伝えないので,全くフェアではないと思う.

いずれにせよ,自分自身と家族を守らねばならん.

ちょうど先日,3本ローラーしながらNHKスペシャルを視聴.

新型コロナ 全論文解読 〜AIで迫る いま知りたいこと〜

あまりコロナ関係の番組は見ないのだが,これは別.
ようするにAIが世界中のコロナ関連論文20万本を分析し,最新の対策方法を紹介するというもの.

内容をまとめるとこんな感じ.

冬に感染者が増えるか否かのポイントは「気温」「湿度」「ビタミンD」

「気温」「湿度」に関しては,夏の35℃,60%だと,2時間でウイルスが死滅するが,24℃,20%になると15時間もかかるそうな.
げっ,冬場の旭川の状況だと...考えたくもない.

さらに,免疫力を高めるとされる「ビタミンD」生成のためには日光にあたる必要がある.
しかし,旭川の日照量は絶望的(セロトニン減少による季節性うつ病にも関連).
ゆえにサプリで摂る必要がある.

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパービタミンD(1000I.U.) 90粒 90日分

えー,この番組見た後,加湿器買いに行きました.

iPhone11 Pro

特に不満なし.
Amazonでも同タイプ売っています(小さいver).

TEKNOS 滴型超音波加湿器 2.8ℓ (メレンゲ ホワイト) EL-C311(W)

次に,よく話題に上るアジアと欧米との死亡率の差.
その要因として,AIが注目したのが「交差免疫」
これは新コロ感染前に別の季節性ウイルスに感染していたことで既に免疫を獲得していたのではないか説.
日本人50人の血液を分析したところ,75%の人に既に交差免疫があったらしい.
ゆえに,もし新コロに感染しても軽症にとどまっているとのこと.

さらに,日本人のマスク好きもポイント.
マスクは完全にウイルスをシャットアウトすることはできないが,逆に微量に摂取し続けたことで,抗体が知らず知らずのうちにできていたのではないか...とのこと.
もちろんこれも仮説段階だが説得力がある.
ちなみにKazchariは,繰り返し使えるこのマスクを使っています.

nakota ナコタ 冷感マスク 3枚セット 日本製 ストレッチマスク 洗える 大きいサイズ

次に,新コロを“ただの風邪”とナメている人に警鐘.

いわゆる呼吸器の他に,めまい,胃痛と下痢,生理不順,不整脈,脳卒中,幻覚など100以上の症状があると医師は述べる.
AIが抽出したキーワードは「ブレイン・フォグ(脳の霧)」
つまり新コロに感染すると,肺の細胞(ACE2)だけではなく脳内部にも侵入し(ここにもACE2あり),中心部に炎症が起きて様々な認知機能を低下させる.
他にも,ACE2は腎臓や血管,心臓など体中の臓器にも存在する.
これが100以上の全身症状が発生する理由とのこと.

最期に最新の対策法を紹介.

まず湿度管理
気管の繊毛が最も活発に活動できる湿度は40~60%.

次に紫外線
それも日光に含まれる紫外線でなく,222nmの波長が新コロを死滅させることがわかったらしい.
この波長だと人体に害はないとのこと.
小型の222nm紫外線発生装置は医療機関用に既に実用化されており,石川県の医療センターなどで使用中.

機器では「低濃度オゾン」も新コロ除去に有効で,タクシーなどで利用が始まっている.

以上が番組の内容.
爆笑問題がMCなので,時々ブラックなジョークを交えつつ(田中が罹患済),わかりやすく解説.
非常に有意義な視聴だった.

で,個人的にこの冬の(チャリ)ライフをどうするか.

マスク・手洗い・アンチ三密は当然のことながら,自らの健康が何より重要.
その基本は言うまでもなく食事・睡眠・運動

食事に関しては,発酵食品が有効とのことだが,Kazchariは最強健康食品である「納豆」が食えないので,代わりにキムチを例年以上に食う予定.

睡眠は6時間を死守.
ZwiftやらNIPLUXマッサージのおかげで寝付きには問題ない.

タックス(Tacx) NEO 2T Smart

株式会社日創プラス NIPLUX NECK RELAX

運動は外&ヴァーチャルの両方で週200km以上はライド予定.
特に祝日は短くても外!
日光を浴びよ

冒頭の写真は今朝の旭川.
とうとう寝雪かな.

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。