『Tour de France 2020 Stage9』の感想

2020/9/7 Mon

ようやく9連勤が終了.

『Tour de France 2020 Stage9』はピレネー第2戦.
断面上は昨日のStage8と比較して,それほど厳しくは見えないが,それは縮尺のワナ? それぞれの山の斜度がエゲツない.

娘のバレエ発表会を終えて帰宅し,オンデマンドにつなぐと,レースは残り90kmを切り,最初の一級を登攀中.
サンウェブのヒルシュが単独逃げ中.

今日の旭川は台風余波の熱気と湿気でむんむん.
発表会では写真とビデオ撮影スタッフをしていたのだが,会場の体育館が灼熱地獄で軽い熱中症状態.体調最悪だったが「やはりツールは臨場感が大事」とZwiftにまたがる.アホや.

さて,レースの方は画面真っ白.
最初の一級の頂上付近は濃霧
小雨もぱらつき,気温は10℃付近だったようだ.
選手の吐く息も白い
ウインドブレーカージレを着る選手が多かった.

ところで,この「ジレ」,なぜか実況も解説者も誰もこの言い方をしない.
「ベスト」(たまにチョッキ)が多いかな.
「gilet」がフランス語だから?
でも,よく使われる「サコッシュ(sacoche)」もフランス語.
英語の場合「cycling musette bag」から「ミュゼット」と言われる.
(外国である)日本だけなのか,様々な言語が混じるのが興味深い.

言葉の話はさておき,何しろ寒そう.
先頭のヒルシュは着るヒマもなかったのか,うすうすジャージでダウンヒル.
元々西洋人は寒さへの耐性が強いと言われる.
その昔,バックパッカー時代に東南アジアのドミトリーの安宿に泊まった時,西洋人はたいがい&部屋に一つしかない扇風機を身体に直当てしてたなぁ.日本人が同じことしたら一発で風邪ひく.

そして,ヒルシュの乗るバイクはサーベロ
サーベロと言えば新開隼人
新開隼人と言えばスプリンター
スプリンターと言えば,エアロロード
なんだかよくわからなくなってきたが,ヒルシュのバイクはサーベロの「S5」というエアロロード(たぶん.すいませんTREKだと詳しいのですが).
変わった形状のバイクが多い印象があるサーベロだが,特にこのモデルは2股ステムが特徴的.
山岳なので軽量モデルがある機材スポンサーならそちらを選択すると思われる.
サーベロにもRシリーズという軽量モデル(?)があるようだが,ヒルシュは「S5」を使っていた.

そういや『Bike News Mag』さんの記事で,レースでは黙ってエアロ乗っとけ,みたいな記事を読んだことがある.

ヒルクライム用の超軽量バイクは無意味?山岳レースでも不利になるたった1つの理由

さて,その選択が正しかったのか,ヒルシュのダウンヒル・テクニックも伴って,下りから平坦にかけて快調にとばす.
そのポジションは完全にTT
肘を深く曲げて前腕をハンドルバーにのせ,サイコンを両手で握りしめている.
通常のレースでTTバーを付けるのは禁止なので,こういう技を使っているのだが,ハンドルブラケットから出ていないのでルール的にはグレー?
「グレー=やって良い」がここでも発動される.
このヒルシュの走りを見て,デカいサイコン(ガーミンのEdge1030?)と,振動で折れない丈夫なマウントがこれからのトレンドになるか?

さて,ゴールまで残り約2,5kmで後方から迫りくる強力な追走軍団
ここでヒルシュに究極の選択
ログ,ポガ,ベル,ランダのエースグループに参加して,”付き位置”しながら足を休め,スプリント勝負に持ち込むか,それともこのまま先行して逃げ切るか...

ヒルシュもしくはチーム監督が選んだのは前者.
結果,その選択は裏目にでてヒルシュは3位
スロベニア人の1,2フィニッシュとなる.
残念.

この辺りのかけひき,実に面白い.
以前,ロードレースに全く興味がない知り合いにNHKの『ツール2013総集編』を録画したものを見せたことがある.
見終わった後,その人が「自転車レースって頭脳戦なんですね」と言っていたのが記憶に残っている.その通り! いい観察眼だ.

【ログとポガが衝突寸前!】
一級の山頂ラインを越える寸前,ポガが後方確認しようと振り向いた瞬間,カーブラインを外れてログにぶつかりかけた
無事に回避できたが,この時2人とも落車していたらどうなってたやろ.
いずれにせよ,このアクシデントの後,ログがポガに手を振り上げて何か言ってた.
てっきりクレームかと思いきや,直後にがっちり握手.
2人ともスロベニア出身の同国人.
先輩-後輩の関係
ちょっ,待てよ.
これは非常に穿った見方だが,ツールの後半戦での二人のタイム差次第では,ポガがログのチーム外アシストになる可能性もあるかも...かつてのポート(BMC)とフレーム(SKY)のような.

【アダム・イエーツが遅れた!】
でも,傷は最小限にとどめた!
サイモンもそうだが,二人が以前より愛用しているサングラスがいつも気になる.
バイクメーカーと同じSCOTT製製らしい.
二人とも顔が小さいのでめちゃめちゃ巨大に見える.
『ターンAガンダム』のこの人っぽい.

欲し...くはないな.

【解説の畑中選手】
実況並みによくしゃべる.
話も上手い.
声も声優張りに通る.
ゲストのプロライダーのみなさん,しゃべりは苦手な方が多い印象なのだが,昨夜は違った.

【明日は休息日なのか?】
長時間のバス移動となる.
次のスタート地点まで400kmほど離れているらしい.
通常であれば飛行機移動だが「新コロ対策のためチームバスを使いたい」との声が大きかったようだ.
いくらリクライニング完備とは言え,休息になるのだろうか?

これでツール一週目が無事終了したわけだが,選手とスタッフには運命のPCR検査が待っている.
その結果次第では,第10ステージのスタート地点に立っていないチームがいるかもしれない.

近年まれに見る面白い展開のレース.
ホンマ,パリまで続いてほしい.

コメントを残す