『Tour de France 2020 Stage8』の感想

2020/9/6 Sun

栗村さん絶好調.

『Tour de France 2020 Stage8』は,今大会ここまでで最凶山岳ステージ.
超級,一級を連続越えしてからの下りゴール.

最後のピルスルド峠は,2016年大会の,あのフルーム衝撃のダウンヒルが登場した山.それを逆コースから登るらしい.
まるで休息日前のようなレイアウトだが...明日もある.
こういうキツイステージが2日続くと,どちらかが落ち着く日になるような気もするが,今日は激しいというかスゴかった.
何しろ役者だらけ.まるで『半沢直樹』.

ステージ優勝はAG2Rのピータース.
プロ2勝目だが1度目は昨年のジロという大舞台に強いタイプ.
普段はアシストなのでしゃあないのか.
バルデ,ラトゥールなき後のAG2Rのエース?

プルドゥムさんがスタート旗を車から抜けない事件(マウントを壊した)から始まった本ステージ.
割と早めに13人の逃げが決まった.

前半の主演男優賞はなんつってもクイックステップのモルコフさん.
集団ローテに入らず,ずっとツキイチ(”付き位置”で良い?).
他のメンバからの非難もなんのその.
その間,バイクカメラに向かってVサイン.
「チェーンの調子が悪いのでローテに入れません」という謎の言い訳
チーム戦略からも矛盾.
挙句の果てには,スプリントポイント前でアタックしてしっかり2位をゲット
”次元大介”ことクザンの「ぷいっ」という態度も爆笑.

その”次元大介”の心拍センサーの位置がおかしい問題.
心臓ではなく,ほとんど胃の位置にある.
胸毛のせい?

これらの栗村さんの解説が神レベル.
Zwiftしながら観てて大爆笑した.

ゲストの渡辺航先生の話も興味深かった.

・アシスタントは2人
・先生が背景も書いている
・シクロクロスも1シーズン10レースは出てる
・2年目のインターハイを書き上げた後,少々燃え尽き
・編集部の意見を取り入れてMTB編を描いてみたらうまくいった
・無理と思っていたことも,やってみると意外といける ⇒(栗村さんの質問を受けて)将来,坂道君がツールを走るかも...
・月曜と金曜の夜はフリー
・昨今のデジタル化に伴い,スクリントーンの欠番やペン先の精度が下がったと嘆く
・渡辺先生は手書き派(一目瞭然)

渡辺先生って『弱ペダ』だけでなく,もう一本,月間連載もしてなかったっけ?
なのに,自分でレースでたり,チーム運営したり,イベントでたり,チャリで長崎まで帰省したり,TVでたりタイムマネジメントがうまいんやろな.

その他の役者たち.

【ザカリンのダウンヒル】
せっかく登りで詰めても,下りの遅さ(しかも観ている方が怖い)でブチ壊し.
栗村さんの「モルコフが引いてないことにも気づいていない天然キャラ」というコメントにこれまた爆笑.

【ピノの不調】
ヤギ大好き.
しかしまぁ,毎年毎年大変な目に遭うなぁこの人.
フランス全体の期待が完全にプレッシャーになっている.
繊細,ナイーブというキャラづけが一番似合う男.ヒゲ濃いけど.

【ファンアールトの超級で先頭引き】
あくまでアシストなので総合優勝こそないだろうけど,マンガの主役みたいなスーパーラウンダー.
しかも,昨年のあの事故からの復帰である.
来年はどうする?

【ポガチャルの復活】
タイムを取り戻して総合優勝争いに復帰.

総合の方は,スター選手が前に出たり,遅れそうになったり,また戻ったりと忙しい展開.
上位陣の順位は変わらず,イエーツがマイヨ・ジョーヌのまま
依然,ログリッチェ(ユンボ軍団)に泳がされている状態.
一方,デュムランをはじめサブエースが軒並み遅れて,各チームのエースがはっきりした.

今年のツールは一週目からして例年以上に面白い.
しかし,心配なのは新コロ感染の拡大.
山の頂上付近,人が多すぎ.
しかもノーマスクで大絶叫

月曜日のPCR検査で陽性者だらけとなり,大会そのものが中止なんてことに...

コメントを残す