『Tour de France 2020 Stage10』の感想

2020/9/9 Wed

四番ファースト,ヴィヴィアーニ.

休息日明けの『Tour de France 2020 Stage10』は,今大会では貴重なド平坦ステージ
ただし海岸沿いやら橋上を走るので,がどの様に影響するのかの不確定要素あり.

さて何よりもPCR検査の結果が気になるところだが,とりあえず選手は全員クリア.
追放者はいなかった模様.

しかしながらcofidis,AG2R,INEOS,Mitcheltonのスタッフ1名ずつから陽性者が出たらしい.
1チームから2名出たらアウトなので,予断を許さない状況が続く.

特に総合2位のベルナルを抱えるINEOSがbanされたらえらいこっちゃ.
おっと,まさかのプリュドムさんを忘れてた.無症状ながら陽性.
「15年ぶりにツールをTVで観るよ」と,ジョークなのか何なのかわからないコメント.

いずれにせよ,レースそのものに関係ない緊張も続くなぁ.
一週目と比べ人口が多い地区なので観客の密度がすごい.
先週の山岳のような,ノーマスクで身を乗り出して,顔のすぐそばで大声で応援するような人はいなかったけど心配やな.パリもひどいらしいし.

さて,本日の勝利者はクイックステップのサム・ベネット.
ゴール後のインタビューを聞いてびっくりした.

サム「僕には全くふさわしくない勝利です.僕はいい位置にもいれなくて,それで勝ってしまってショックで...」
インタビュアー「いやいや,私は勝利を伝えているんですよ」
サム「...(号泣)」

もちろん元は英語なので,真意は違うのかもしれんが,なんだぁこの日本人みたいなメンタリティは?
このインタビューに関しては,栗村さんも拾っていて同じ感想を持っていた.
何やらアイルランド人は我々が勝手に想像している強いメンタル&陽気なヨーロッパ人とは少々異なるらしく,繊細でやさしい人が多いとのこと.
まぁ,元同僚,もっと言ってしまえばBORAに所属している限りサガンと競えない=マイヨ・ヴェールが取れない状況を,思い切って打破(移籍)しての勝利.
そりゃうれしいよな.

ちなみに,アイルランドっぽさはこの映画で堪能できます.
行ったことないから知らんけど.

シング・ストリート 未来へのうた(字幕版)

レース後半は実況サッシャ,解説は栗村さんとダバディさん.
CCCのトレンティンのインタビュー映像の時,サッシャが,

「イタリア人のトレンティンの話す英語にドイツなまりがあるので,彼はチロル地方出身ではないか」

というコメントし,ダバディさんと推理していた.
多言語を操る人の耳はすごいなぁと思ったが,よく考えれば協力隊の語学訓練時の,

「日本人のKazchariの話す英語に関西なまりがあるので,彼は大阪出身ではないか」

と同じ状況か(よく指摘されました)

言語ネタと言えば,大活躍中のポガチャル
スロベニア語だと「ポガーチャル」が正しい.
ダバディさんがこの話をどこからひっぱってきたかと言うと,ランス・アームストロングのPodcastからだそう.
なんでも,番組内でスロベニア女性と話すコーナーがあって,そこで「ポガーチャル」が正確な発音と知ったとのこと.
ちなみにランスのPodcastの内容はここで時々紹介されている.

ランスはPodcastからの収入で,ベルナルの賞金以上を稼いでいるそうな.
莫大な借金は返せたのか?

この日は横風注意報が発令されていたので,ゴール前の各チームの位置取り合戦が激しかった.
さらに町中を走るため,コース幅が狭くカーブがきつい所多数.
実際の横風はそれほど激しくなかったものの,数回の集団落車が発生.
フランス人スプリンターのコカール(名前通り?小柄)も落車に巻き込まれたのだが,集団復帰の際,ずっとチームカーの後ろに付きっきり.
つまりドラフティングを最大限に利用していた.
それを見た解説陣が「これはペナルティになるかも」と心配していた.
こうしたトラブル時のルールすれすれの行為は,以前は割と見逃されてきたが,ここ10年ほどの間にどんどん厳格化してきているらしい.

それはツールの国際化が原因.
選手の国籍もそうだが,視聴者=放送エリアも世界中に広がっている.
そんな中,暗黙のルールがあまりにも多すぎる自転車競技に対する”フェア”の視点が厳しくなっている.
初見の人がチームカー・ドラフティングを見てどう思うだろうか...ということらしい.

そのうち,“走りション”も禁止されるかもしれんな.
ある地点で簡易トイレが沿道にずらりと並ぶ? いやいやいや...

それにしてもこのステージ,レ島に渡る際の橋上集団走行は美しかった.
こういうのが見れるから,ツール視聴(ハイライトではなくフル)はやめられない.

レースの感想というより,JSPORTS解説陣の小ネタ拾いみたいになっているが,面白いので良いでしょう.
明日のコースも今日よりはデコボコしてるけど平坦.
サガンの巻き返しなるか?

「四番ファースト,ヴィヴィアーニ」は栗村さんの“今日の見どころ”
ファースト(ファスト)はともかく,着順は4位でした.さすがだ.

コメントを残す